海辺のともだち―みつける・たべる・あそぶ

  • 偕成社
3.63
  • (2)
  • (7)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (35ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784034374306

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人が海にもぐったりごはんを食べたりする本です。魚とふれ合ってひと休みしたら、海にもぐって魚をとってごはんを食べたそうです。

  • 海へのもちものまで☆
    イキモノの絵はちとリアル。

  • 森の仲間達と海にやってきた女の子。
    海岸沿いに生える植物の紹介からわくわくしてしまいます。
    岩場(飛沫帯、潮間帯)、潮だまり、浅瀬で暮らす生き物達の紹介は詳しくてためになるし、ヒトエグサやハバノリの板のりとつくだ煮、海のものいろいろスープ、ツルナとオカヒジキのいためものなど料理レシピも美味しそう。
    海辺での安全な観察の仕方や危険な海の生き物もちゃんと書かれています。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

松岡達英 1944年新潟県生まれ。日本はもとより、中南米、アフリカ、東南アジアなどの豊富な取材経験をいかした、数多くの自然科学絵本を描いてきた。『くさはら どん』『いけのおと』『ちきゅうが ウンチだらけに ならないわけ』(以上、福音館書店)、『野遊びを楽しむ 里山百年図鑑』(小学館)ほか著書多数。

「2017年 『いのちのひろがり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡達英の作品

ツイートする