ちくごがわ (日本の川)

著者 :
  • 偕成社
4.50
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (39ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784034377307

作品紹介・あらすじ

阿蘇の山々からながれだし、熊本、大分、福岡、佐賀をつらぬいて有明の海にそそぐ、九州一の大河・筑後川。このゆたかな川は、そこにくらす人びとに、むかしから大きなめぐみをあたえてきました。そこにはダム、堰、橋がつくられ、畑や田んぼ、そして人びとがくらす町がひらかれています。弥生時代の遺跡、江戸時代から活躍する水車、そして今のくらしをささえる発電所もあります。ふるくから人の営みとともにあった筑後川を、阿蘇の神さまと久留米のかっぱが、雲のいかだにのって、空から見ていく、絵地図で知る筑後川。小学校低学年から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (読んだ時期:6歳)

  •  福岡・佐賀・大分・熊本。阿蘇山の神様と筑後川に住む河童が筑後川を紹介。筑後川の上空を下流から上流にさかのぼり、その流域について紹介。吉野ヶ里や三連水車などについては、見開きでちょっとくわしく紹介。河童の方言は久留米弁らしく、後ろに訳がのっていた。

全2件中 1 - 2件を表示

村松昭の作品

ツイートする