どんどんもるもくん

著者 :
制作 : 江田 ななえ 
  • 偕成社
3.62
  • (3)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784034393802

作品紹介・あらすじ

ためいきついているのはだーれ?ぷんぷんおこっているのはだーれ?はずかしがりやさんはだーれ?でもね、だれでもこっちへおいで。もるもくんといっしょなら、みんなワハハとわらっちゃうから!小学校低学年から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スキー場に滑ってきたもるもくん。山にいる人や動物を残らず「もるもなきぶん」にしていく。

  • もるもくんに連れられみんな元気に。パワーをもらえます。

  • みんなのきぶんがよくないときに、もるもくんがとびのれば、たちまち
    みんなじょうきげん。

    1ねんせいがスキー場で、スキーの練習中。
    すってんころんで元気がなくても、もるもくんが頭にとびのったら
    「もるもな気分」。
    ぼろぼろそりも、もるもくんがとびのって、ぴっかぴかに。
    さぁそりにのって、しゅっぱつしんこう!

    おいかけてくる先生や、くまや雪だるまやうさぎやおじぞうさままで、
    もるもな気分になって、そりにのってGO!

  • もるもな気分でスキー場へ

  •  スキー場にきたもるもくん。おこっていても、けんかをしていても、もるもくんがあたまのうえにとびのると、すっかりもるもな気分!

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1952年、東京都生まれ。。1986年、『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞受賞、同作でデビュー。1988年、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞受賞。2013年、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞受賞。その他「ペンギンたんけんたい」シリーズ、「おばけずかん」シリーズ、/講談社、「白狐魔記」シリーズ/偕成社、「西遊記」シリーズ/理論社 「ナツカのおばけ事件簿」シリーズ/あかね書房、など著書多数。

「2018年 『古事記─日本のはじまり─』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斉藤洋の作品

ツイートする