きょうりゅう一ぴきください (おはなしカーニバル)

著者 :
制作 : 高畠 純 
  • 偕成社
3.91
  • (4)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784034600603

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恐竜をもらったらについて、主人公の男の子の計画したことや、したいことについて書かれています。
    子どもに読んであげたい1冊です。
    大人も楽しめると思います。
    主人公が真剣に考えている様子がかわいいです。
    恐竜を飼うとなると素敵なことと、大変なことがいっぱいだなと想像がふくらみます。

  • 2014おはなしひろば

  • 小学校低学年のクリスマス時期の朝読書にぴったり
    5分くらいで読めちゃいます。
    うるるします。

  • 2009年度  3年生 12月

  • 子どもがサンタクロースに「きょうりゅういっぴきください」といったところがおもしろかったです。ぼくはサンタクロースには、おもちゃをたのみます。

  • 恐竜大好きな息子へと、借りてみました。
    現実問題として、『こんなお願いされちゃいや!』だけど、楽しかったです。

  • クリスマスにぼくがおねがいしたプレゼントは、きゅうりゅういっぴき。シンプルな線で描かれた恐竜の
    しぐさがとてもかわいらしいです。男の子がきゅうりゅうとお風呂に入ったり買い物に行ったりと夢が一杯膨らむお話し。この男の子、とても優しくてほのぼのした気持ちになれます。幼稚園生に読んであげたいと思いました。自分で読むなら小学校低学年でも楽しそう・・

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1957年、福岡県生まれ。作家。おもな作品に『ちいさなおはなしやさんのおはなし』(小峰書店)、「クッキーのおうさま」シリーズ(あかね書房)、「おてつだいねこ」シリーズ(金の星社)など。画家の鈴木まもるさんとの共作絵本に、『せんろはつづく』『おすしのせかいりょこう』『すすめ! きゅうじょたい』(金の星社)、『ちいさいいすのはなし』『りんごのおじさん』(ハッピーオウル社)、『ならんでるならんでる』『でんしゃがきた』(偕成社)などがある。『月売りの話』で「日本童話会賞」、『星とトランペット』で「野間児童文芸推奨作品賞」、「黒ねこサンゴロウ」シリーズで「路傍の石幼少年文学賞」を受賞。

「2016年 『すすめ! うみの きゅうじょたい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹下文子の作品

ツイートする