へんてこもりのなまえもん (へんてこもりのはなし 3)

  • 偕成社
3.96
  • (19)
  • (15)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 237
感想 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784034602508

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • へんてこ森でまたまたまるぼに出会った仲良し四人組。
    今回はまるぼの友達のぼさこうとうるりんぞがへんてこ図書館の倉庫番をしている「なまえもん」というやつに食べられてしまったとのこと。
    外から来た四人は食べないので助けることができるというのですが・・・
    生き物を飲み込んで名前を集めているなまえもんは見た目カエルみたいなんですが、キャラクターが独特でなんともいえない魅力がありました。
    消化される前に助けないとなまえもんの本の中に名前が書き込まれてしまうという設定も面白かったです。

  • 2巻かと思って読んだら、3巻だったわ。
    まるぼ登場。
    みんなが懐かしがってるから、前回は出て来なかったのかしら。
    てか、こなされて本になった子たちは、もう戻らないの?
    何か怖い話。

  • 6歳の息子が保育園で読んでもらい、私に教えてくれた絵本。独特なキャラクターが出てきて、印象に残る本だった。挿絵が多すぎず少なすぎず、4歳の息子にも好評だった。

  • なまえもんがキャラクターを食べて、図鑑に載せていたところが不思議だった。

  • へんてこもりが面白かったので、早速第二弾として。なまえもんに食べられちゃった仲間を助けだす!!

  • 変な話(笑。主人公のこどもたちは、どうやら幼稚園生のようだけれど、小学生にも見えるので1,2年生なら大丈夫かと思います。でてくるキャラクターとか、そのキャラの特徴とか、とにかく「へんてこ!」。絵本から読み物へと移行するときの本としていいんじゃないかと。男の子が好きだと思われます。

  • 変な話(笑。主人公のこどもたちは、どうやら幼稚園生のようだけれど、小学生にも見えるので1,2年生なら大丈夫かと思います。でてくるキャラクターとか、そのキャラの特徴とか、とにかく「へんてこ!」。絵本から読み物へと移行するときの本としていいんじゃないかと。男の子が好きだと思われます。

  • チビ2号、移動図書館にて

    2013/11/08
    チビ2号、移動図書館にて、2回目

  • 博士のような「なまえもん」が、実はかなり怖い。ホンリエーヌちゃんという新しい登場人物が、いい味を出している。

  • また、シャボン玉になって…

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール



「2016年 『つきよの3びき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たかどのほうこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 マキ
中村 牧江
酒井 駒子
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×