ゆうびんやさんとドロップりゅう

制作 : 佐々木 マキ 
  • 偕成社
3.77
  • (2)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784034602805

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子どものころ、迷い込んだ不思議な世界に偶然さまよいこみます。
    ドロップりゅうとの交流がほほえましいです。

  • ドロップりゅうのお肌とだるまさんのレインコートの柄がすごく似ていて、間違えられたことがおもしろかった。

  • いやー、さすがに字がおっきい。
    でも楽しくよませてもらいました。

    しっかし水玉もようはまだしも、頭の上にドロップのせてる
    ドロップりゅうって・・・なんじゃそりゃ~っと
    その想像力かわいすぎです。

    食いしん坊のわたしとしてはあのドロップ
    メッチャ食べたかった。
    おいしそ~。

  • ★★★★☆
    たかどのさんカラーの可愛らしい、でも不思議なお話。
    (まっきー)

  • ぼくもドロップりゅうがいる謎の島へ行って、ドロップりゅうからドロップの実をもらって食べたい。甘くていちごソーダの味がすると思う。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

高楼 方子(たかどの ほうこ)
1955年、函館市生まれの作家。1996年『いたずらおばあさん』『へんてこもりにいこうよ』で路傍の石幼少年文学賞、2000年『十一月の扉』産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2006年『わたしたちの帽子』で赤い鳥文学賞、小学館児童出版文化賞、2006年『おともださにナリマ小』産経児童出版文化賞をそれぞれ受賞。
絵本に『まあちゃんのながいかみ』(福音館書店)「つんつくせんせい」シリーズ(フレーベル館)など。幼年童話に『みどりいろのたね』(福音館書店)、低・中学年向きの作品に、『ねこが見た話』『おーばあちゃんはきらきら』(以上福音館書店)『紳士とオバケ氏』(フレーベル館)『ルゥルゥおはなしして』(岩波書店)「へんてこもり」シリーズ(偕成社)など。高学年向きの作品に『時計坂の家』『十一月の扉』『ココの詩』『緑の模様画』(以上福音館書店)『リリコは眠れない』(あかね書房)『街角には物語が.....』(偕成社)など。翻訳に『小公女』(福音館書店)、エッセイに『記憶の小瓶』(クレヨンハウス)『老嬢物語』(偕成社)がある。

ゆうびんやさんとドロップりゅうのその他の作品

たかどのほうこの作品

ツイートする