へんてこもりのまるぼつぼ (へんてこもりのはなし)

  • 偕成社
4.00
  • (12)
  • (6)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 185
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784034603307

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今まで登場した生き物が出て来て、あれ、悪いヤツじゃないの?何なの?とは思った。
    ツボミカが嫌なヤツ過ぎた。

  • みんなが、僕たちの草がないんだけど。と話し合いしていたところ(誰かが奪っていた)ところが面白かった。

  • みじかい文なので、絵がじっくり見られて、嬉しかった。

  • どうやって思い通りに動くのかわからなかった まるぼつぼはただ命令されて動いている 周りの子は怒っている、

  • 最後、まるぼが可哀想になった。

  • そらいろようちえんの仲良し4人組が「へんてこもり」で面白体験をするシリーズの第5弾!

    巻を重ねるたびに増えてきた
    へんてこな仲間達が沢山でてくるのも楽しいね。

    またまた、へんてこもりにいった4人組は、やっぱりまるぼに会って〜
    「ことばぐさ」を摘みに行くことに…

    今回は、あらたに
    まるぼにそっくりな
    「まるぼつぼ」を持った
    へんな女の子が出てきて大騒ぎ〜

    「ルナニバノコノブンゼぐさ」って?
    らぽらぼな気分て?

    子ども達が大きくなっちゃった今でも、このシリーズは保存版…だなぁ。
    孫ができたら読んであげたい。(^^;;

  • ここは へんてこもり。

    満月が三日つづいたら、ことばぐさを つもう!

    まるぼにさそわれて、みんなは 大きな木の下に ことばぐさをつみに出かけます。
    けれども、まるぼそっくりな`まるぼつぼ`を持つツボミカがあらわれて・・・

  • 「まるぼ」そっくりの「まるぼつぼ」。その中に摘まれていたのは、一種類一株ずつしかない不思議な草。草の取り合いから....

  • マルボツボとは?

  • シリーズ最新刊。
    へんてこ森にやってきた仲良し4人組はまるぼから今日はことばぐさを摘む日だと聞き一緒について行くことに。
    でも、まるぼのせいで草が全部摘み取られてしまっていてがっかり。
    犯人は結局まるぼではなく、まるぼに似たツボたったのですが・・・
    新たな登場人物ツボミカのわがまま&困ったちゃんぶりに振り回される皆の様子が面白かったです。
    まるぼが最後にごちそうしてくれたらぽらぽ茶。
    飲むとほんわかしそうで試してみたい気がしました。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール



「2016年 『つきよの3びき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たかどのほうこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×