ぼくはアフリカにすむキリンといいます (偕成社おはなしポケット)

著者 : 岩佐めぐみ
制作 : 高畠 純 
  • 偕成社 (2001年6月1日発売)
4.20
  • (21)
  • (13)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :128
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (101ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035010401

ぼくはアフリカにすむキリンといいます (偕成社おはなしポケット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2018/1/27

  • 長男が図書館で「お母さんの好きなキリンの本があったから借りてあげたよ」と言うので読んでみた。
    とっても可愛らしいお話だった。
    特に、ペンギンの姿を想像して、自分なりのペンギンに変装したキリンが可愛かった。

    つまらない人生なんてないのよね。自分次第で楽しくなるはず。

    続編もあるようなので読んでみたい。

  • アフリカに住むたいくつな一頭のキリン。手紙を書いて、やはりたいくつなペリカンにゆうびんはいたつをお願いします。あて先は『地平線のむこうでさいしょにあった動物』。お手紙はぶじに届けられたのでしょうか?何が書いてあったのでしょうか?いったいだれが受け取ったのでしょうか?ふしぎとワクワクがいっぱいです。

  • キリンとペンギンの文通をします。
    みたことがないお互いを想像する内容がとてもコミカルで面白いです。

  • めっちゃ好き!絵も!お話も!甥っ子への誕生日プレゼントにします!

  • 「中学生のための読解力を伸ばす魔法の本棚」のブックリストより。キリンとペンギンが、まだ見ぬお互いの姿を想像し合うところがよいです。相手を想像してみるって大事。知らない世界を知りたいという気持ちも。

  • かわいいなw
    キリン「ぼくは首がながいです」
    ペンギン「首?なにそれ?ぼくにもあるの?」
    クジラ「…」
    ここがクライマックスだろこれ。

  • 退屈しているアフリカのキリンがペンギンに会いに行くお話。海越えちゃうし、大人が読むとビックリする(笑)

  • とにかく展開が面白くて一気に読みました。ペンギンを見たことのないキリンとキリンを見たことのないペンギンの想像する姿がとっても面白い。5才・7才の息子は大爆笑。寝る前の本にはちょっと眠気飛んじゃう可能性も。

  • アフリカの草原に一頭の退屈なキリンがいました。最近、退屈なペリカンが郵便配達を始めたことを知ったキリンは、地平線の向こうにいる誰かに手紙を書くことにしました。ペリカンには、地平線の向こうで最初に会った動物に渡して欲しいと頼みました。さてさて、一体どんな動物からどんな返事が返ってくるのでしょうか。

    手紙を題材にしたとても心温まる、それでいて笑いどころたっぷりなお話。高畠純さんの挿絵がぴったりです。高畠さんの描く動物はほんと可愛い。特にペンギンが可愛い。

全18件中 1 - 10件を表示

岩佐めぐみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
トミー=アンゲラ...
馬場 のぼる
ヨシタケシンスケ
ジョン・クラッセ...
マージェリィ・W...
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくはアフリカにすむキリンといいます (偕成社おはなしポケット)に関連する談話室の質問

ぼくはアフリカにすむキリンといいます (偕成社おはなしポケット)はこんな本です

ツイートする