ほらふき男爵の大旅行

著者 : 斉藤洋
制作 : G.A. ビュルガー  はた こうしろう 
  • 偕成社 (2008年4月1日発売)
4.67
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (145ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035165200

作品紹介

わたしは、ヒエロニュムス・カール・フリードリッヒ・フォン・ミュンヒハウゼン男爵だ。世の中の連中はわたしのことを"ほらふき男爵"などとよんでいる。だが、わたしの話はだんじてほらなどではない。わたしの話がどんなにうそっぽく聞こえても、それは、聞いている者の頭が古かったり、古いだけではなく、なかみがからっぽだったりするからだ。なに?それじゃあ、それがどんな話か聞かせてほしいだって?

ほらふき男爵の大旅行の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (2015-01-10)(2016-01-24)(2016-03-27)(2017-02-17)

  • 『ほらふき男爵の冒険』の続編。

    ドイツの民衆の間で伝えられていた「ほら話」をまとめたものに、ビュルガーが話をつけくわえたものをもとにして、斉藤 洋さんが、軽快な文章で描いた物語です。

    今回はトルコに遠征した時のお話。戦の最中、リトアニア産の名馬に乗っていた、この話の主人公であり語り手のミュンヒハウゼン男爵。
    町の広場に行き、名馬が水を飲んでいると、名馬の腹から後ろがないことに気付く。
    みつけた下半身を名人の獣医が月桂樹でぬいあわせると、馬の背中から枝が伸びて葉をしげらせた・・・・・・というような話がたくさんの、とーーっても愉快な物語です。
    挿絵もいい感じ~

全2件中 1 - 2件を表示

斉藤洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック カール
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ほらふき男爵の大旅行はこんな本です

ツイートする