あやかしの店のお客さま (お江戸あやかし物語)

著者 :
制作 : 石橋富士子 
  • 偕成社
4.17
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (147ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035166207

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一反木綿が他の布に恋をするところがとても面白かった。

  • お江戸あやかしファンタジー第二弾。
    「つくろいものやはじめます」http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/4035166103の続編。

    今回のは「雨やどり」が好きで「玉子稲荷」があまり好きじゃない。
    「雨やどり」は一反木綿が美しいただの反物に恋をするダンデライオン系。これ系大好き。
    「玉子稲荷」は当事者をさしおいて解決しちゃうのがイマイチ。
    だから評価に迷ったけれど総合的にはやっぱりとても好き。

    文章が気負わずきれい。
    “その言葉をきいた主の目じりには、やわらかいしわが何本もきざまれました”(p35)を見て、ああいいなあとしみじみ思った。
    絵もやっぱり、落ち着いているのに鮮やかでいきいきして美しい。
    リトルミイっぽい見た目で中身はイーヨーをけんか腰にしたようなぬいばあが好き。

    あいまの風俗紹介は「江戸の文様」「着物の文様」「長屋の道具たち」
    気になっていた、竹に切れ目をいれた物入れの説明があって嬉しい。
    あれは「しゃもじ立て」だそうな。そうじがしにくそうだけど可愛い。
    この本を読んでいると和の家に住みたくなる。


    章題の付け方はあんまりうまくない。これじゃ中身がわからない。
    そこ以外はみんな好き。次もあるかな。また読みたい。

  •  こまちねえさんが仕事をする時の「西へまっすぐぬったなら、こんどはまがって南へゆけ。ちょちょいのちょい」が、好き。

  • こまちねえさん、ちょきち、ぬいばあに、また会えてうれしいです。
    今回の4つのお話のなかでは「まねき堂」が、いちばん好き。
    石橋富士子さんの絵、あわい感じが、やっぱりイイなぁ。
    「江戸の文様」「長屋の道具たち」など、江戸の暮らしについてのページも、また楽しめました。

全4件中 1 - 4件を表示

水沢いおりの作品

ツイートする