リスのたんじょうび

  • 偕成社
3.50
  • (3)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (130ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035213604

作品紹介・あらすじ

なにもわすれることがないように、リスは家じゅうのかべに、小さな紙きれをはっておきました。そのうちのひとつ、すみっこのほうの紙きれには「ぼくのたんじょうび」と書いてあります。
「ほんとうだ! もうすこしで、わすれるところだったよ! ぼくのたんじょうびを……」
待ちにまった当日、リスは招待した動物たちにたくさんのケーキをふるまい、いっしょにダンスをおどり、とびきりすてきな1日をすごすのですが……。

わすれっぽいリスの、わすれられない夜を描いた表題作「リスのたんじょうび」と、8つの小さな物語。オランダの国民的作家がおくる、宝物のような短編集です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵本として可愛かった。
    カラフルだったら幼児向けになると思う。

  • 癒される、の一言につきる。素敵な夜をしまっておける箱があるとしたら、どんな夜をしまっておきたいですか?

  • 優しい動物たちの世界。

    本屋大賞翻訳小説部門を受賞した『ハリネズミの願い』が有名なトーン・テレヘンの作品。表題作「リスのたんじょうび」を含む9つの作品が収められている。どれも優しい動物たちが、のんびりと彼らの日を生きている。

    「リスのたんじょうび」リスは迫る自分の誕生日に、あらゆる動物たちを招待する。招待された動物たちはプレゼントや衣装を用意し、リスは招待客たちのためにケーキを用意する。そして、誕生日のパーティが行われ、皆はケーキやダンスを楽しむ。すべてが終わった後、静かな夜が印象的。

    「ほこりがひとつ」マルハナバチのお店で売っているものは、誰もあまり欲しがらないものばかり。でも、パーティに招かれたキリギリスは、欲しいものがあって、マルハナバチのお店を訪ねる。小さなほこりの使い道が秀逸。

    「サイのほしいものリスト」コオロギが「ほしいものリスト」を作るお店を始めた。サイのほしいものは――。突っ込むのは野暮というもの。誰も不幸にならない商売はいいものだ。

    「仮装パーティ」仮装するのが条件のパーティに招かれたリスがした仮装は、まずアリ、そしてスズメバチ、それから――。どうするのか、ハラハラしながら読む。諦めないで、と。オチでほっこり。

  • 『ハリネズミの願い』がかわいい絵で大ヒットしたけど、読んでみたら想像してたのと違って、なんだかおんなじところをぐるぐるするような話だったと噂には聞いていたので、これもそうかなと思いながらも、絵がかわいいし、装丁もしゃれてるし、『ハリネズミ』より薄いから読んでみた。
    偕成社から出てるから、子どもが読んでもいいような内容なら、多少とっつきやすいのではないかとも思ったし。
    結果。ぐるぐるする話でした。
    いや、深読みすればいろんな意味があるんでしょうよ。でも特に深読みしたくもならないというか。最初の表題作とクジラの話はちょっと印象に残ったけど、いつまで覚えていられるやら。
    でも、きっと合う人にはすごく魅力のある作家なんだと思うよ。これだけ翻訳されてるんだもん。
    私には合わなかっただけで。
    絵は本当に良かった。素敵だった。

  • 野坂悦子×植田真 朗読とライブペインティング・トークイベント~『リスのたんじょうび』刊行記念~ | 偕成社 | 児童書出版社
    https://www.kaiseisha.co.jp/news/25136

    偕成社のPR
    なにもわすれることがないように、リスは家じゅうのかべに、小さな紙きれをはっておきました。そのうちのひとつ、すみっこのほうの紙きれには「ぼくのたんじょうび」と書いてあります。
    「ほんとうだ! もうすこしで、わすれるところだったよ! ぼくのたんじょうびを……」
    待ちにまった当日、リスは招待した動物たちにたくさんのケーキをふるまい、いっしょにダンスをおどり、とびきりすてきな1日をすごすのですが……。

    わすれっぽいリスの、わすれられない夜を描いた表題作「リスのたんじょうび」と、8つの小さな物語。オランダの国民的作家がおくる、宝物のような短編集です。
    https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784035213604

  • 表紙だけど観た印象で絵本と勘違いしている人が多いようですが、絵本ではありません。じっくり読める一冊。リスの健気な奮闘ぶりがとてもかわいらしいです。

  • 哲学的で、考えさせられる1冊。

  • いくつかのエピソードは『きげんのいいリス』とかぶってるのかな?こちらは、児童文学のジャンル。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1941年オランダ南部の島に生まれる。アムステルダムで医師として開業。『ハリネズミの願い』で本屋大賞翻訳部門受賞。ほかに『きげんのいいリス』『リスのたんじょうび』『おじいさんに聞いた話』など。

「2020年 『リスからアリへの手紙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トーン・テレヘンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
トーンテレヘン
砥上 裕將
ヨシタケシンス...
木皿泉
山崎 聡一郎
三浦 しをん
エラ・フランシス...
辻村 深月
ヨシタケシンスケ
宮下奈都
アントニオ・G・...
新井 見枝香
森見登美彦
R・J・パラシオ
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×