生きもの つかまえたら どうする?

著者 :
制作 : 松橋利光 
  • 偕成社
3.88
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035272007

作品紹介・あらすじ

"身近な生きもののつかまえかた、持ちかえりかた、飼いかた、観察のポイント、飼えなくなったときの放しかたなどが、ひと目でわかる本。
"

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生き物に接する機会があればそれをぜひ尊重してやりたい,そしてそれを捕まえた時いったいどうすればいいのか? ということが大まかに紹介されているが,昆虫から魚類両生類爬虫類に至るまで幅広く網羅されており,とてもわかりやすい.

  • ・身近な昆虫の飼い方がよく分かる本です。魚の飼い方ものっていておもしろいです。
    ・うまくそだてるためのコツや方法がたくさん書いてあることがおすすめ。
    ・生きものを飼ったりするのが、とくいじゃない人におすすめです。さわりかたも書いてあります。

  • もう一冊買って、甥っ子にプレゼントしよう!

    正しいというか、動物にとっても
    優しい捕まえ方、買い方。
    わかりやすいし、とても良い。

  • 身近な生き物のとりかた、飼育の仕方をわかりやすく説明しています。

  • ★★★★☆
    見つけ方、捕まえ方、飼い方、そして放し方。
    飼ってはいけない生物、放してはいけない生物に触れているのがよい。
    (まっきー)

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1968年神奈川県生まれ。相模原市立博物館学芸員。著書に『アマガエルのヒミツ』(山と溪谷社)、『生きものつかまえたらどうする?』(偕成社)など。

「2014年 『はじめよう!バードウォッチング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋山幸也の作品

ツイートする