水辺の虫の飼いかた―ゲンゴロウ・タガメ・ヤゴほか (虫の飼いかた・観察のしかた)

  • 偕成社
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (39ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035275602

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヤゴの羽化が丁寧に説明されており、飼育の参考になりました。

  • 水生昆虫の飼い方を仔細に写真入りで解説。
    産卵、孵化、蛹化、羽化等の生育プロセスや越冬の仕方など、飼育方法の痒いところを網羅してあり非常に助かる。
    (子が幼稚園年長の頃から愛読)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

■海野 和男(ウンノ カズオ)
東京農工大卒業。昆虫を中心とする自然写真家。
学生時代よりアジアやアメリカの熱帯雨林に通い写真を撮り続ける。
最近はアトリエのある長野県小諸市にじっくり腰を据えて身近な自然を記録。
自身のホームページ「小諸日記」では1999年2月よりデジタルカメラで毎日その日撮影の写真にコメントを付けて発表している。
主な著書に『自然のだまし絵 昆虫の擬態』(誠文堂新光社)、『デジタルカメラで撮る海野和男昆虫写真』(ソフトバンククリエイティブ)、『蝶の飛ぶ風景』(平凡社)、『デジカメ自然観察のすすめ』(岩波ジュニア新書)など多数。
テレビ・ラジオの番組や講演会などでも活躍中。
日本自然科学写真協会副会長、日本アンリ・ファーブル会理事。
日本写真家協会会員、日本動物行動学会会員。

「2019年 『デジタルカメラで昆虫観察』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海野和男の作品

水辺の虫の飼いかた―ゲンゴロウ・タガメ・ヤゴほか (虫の飼いかた・観察のしかた)を本棚に登録しているひと

ツイートする