わたしが妹だったとき

著者 : 佐野洋子
  • 偕成社 (1982年11月発売)
3.83
  • (3)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (109ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035280101

わたしが妹だったときの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幼いうちに、兄弟に亡くなられたら、思いは…

  • 『100万回生きたねこ』の方だったのか・・・。
    やっぱり命テーマですかね。ラストの汽車にお兄さんと乗るのは銀河鉄道の夜だよな・・・、どうしたって一人で帰ってこなくちゃいけないんだ。
    虚構と現実の二人遊びの記憶、いとおしいです。

  • お兄ちゃんと私の夢と現実が入り混じったような不思議なお話。

  • 河合隼雄さんがすすめていた本。
    すごく切なくて悲しくていいです。

全4件中 1 - 4件を表示

佐野洋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シェル・シルヴァ...
ジャン ジオノ
ばーじにあ・りー...
パット ハッチン...
マーガレット・ワ...
宮部 みゆき
マージェリィ・W...
ガブリエル バン...
なかがわ りえこ
トミー=アンゲラ...
平田 研也
有効な右矢印 無効な右矢印

わたしが妹だったときはこんな本です

ツイートする