靴屋のタスケさん

著者 :
制作 : 森 環 
  • 偕成社
3.93
  • (4)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035285205

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「夕ぐれの道のさきに消えていった。」のですね…幼い頃のわたしと、タスケさん…
    温かい感じの絵が物語と合っていて、それが余計哀しい。

  • 丁寧な味わい深く優しい絵と女の子目線の淡い初恋のような物語に,戦争の理不尽さ悲しさが表されている.最後の赤い靴と黒い靴の踊るシーンに,帰らない幸せな時間あったかもしれない未来を思いました.

  • 読了後、少し怖くも感じた。

  • [江東区図書館]

    表紙絵にひかれてみてみると、「角野栄子」作の絵本だったし、借りてみた。ブクログのタグには「戦争」ともつけたが、戦争自体への批判が思いが書かれているわけではなく、単に戦時中を挟んで自宅近くにあった靴屋についての自伝的な雰囲気のお話。よくある白黒絵本に一色だけ色を付けた絵本ではないけれど、穏やかな昭和の奮起と柔らかな画調の中で、女の子の好んだ赤い靴が鮮やかに浮かび上がる、ほんわかとした感じの本だった。

  •  1942年、わたしの住む町に靴屋さんがお店を出した。タスケさんの靴修理の仕事をガラス戸の外から見ていたら、お店の中に入れてくれた。
     タスケさんはおもしろい人で、わたしはタスケさんが大好きになった。

     タスケさんは目が悪いから兵隊さんになれないと言っていたけれど、そんなタスケさんもとうとう戦争に行くことになった。

全5件中 1 - 5件を表示

角野栄子の作品

ツイートする