つれてこられただけなのに: 外来生物の言い分をきく

著者 :
  • 偕成社
3.43
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035285908

作品紹介・あらすじ

外来生物48種が、人間が日本に持ちこんだのに「わるもの」となった不満を、生物自身の「言い分」としてコミカルに、味わい深いイラストとともに語り、持ちこまれた理由とその後の経緯も解説する本。監修は上野動物園元園長の小宮輝之氏。池の水を抜いて外来生物を駆除するテレビ番組が人気となり、そこでは、おとなも子どもも、血まなこで外来生物をさがし、捕らえては歓声をあげる……ちょっと待って。それは正しい? 外来生物も、在来生物と同じ一つの命。外来生物は、日本に来たくて来たわけじゃない。ほとんどが、食用、観賞用、害獣退治など、人間の勝手な都合でつれてこられたもの。たしかに日本の自然と生物多様性をおびやかしているものが多いけれど、つれてきたのは人間。外来生物たちはこう言いたいにちがいない。「つれてこられただけなのに」と。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とても興味深く、言葉が難しいが、誤解を恐れず言うならば、とても面白かった。外来生物の問題は人間の問題。まさに。人間の都合で連れて来らたり、野放しにされたり、なのに迷惑だと言われる生物たちがとても哀れだった。人の生活にも問題が出るんだろうけど、その前に人間の問題ある行動を反省したい。ただ・・・正直困る生物たちもいるので、なかなか「そうか、じゃあ、こうしよう」と解決できないのが辛い所。外来生物の言い分にも耳を傾け、経緯を知ることが出来ただけでも、とても有益で勉強になる一冊でした。 #NetGalleyJP

  • 外来生物とは何か。←人間の問題
    一律に外来生物駆除という意識でよいのか。
    外来生物法
    スズメやレンゲも外来生物!

    哺乳類、は虫類・両生類、鳥、貝・ザリガニ、魚、昆虫・クモ、植物…それぞれの外来生物を本人(?)の言い分と共に見ていく。
     
    世界の侵略的外来種ワースト100なるものが指定されているらしい。

    ・国内外来生物は知らなかった。理由を聞くとなるほど。
    ・外来生物自体には罪は無い。無いけど、在来種を脅かしているものはなあ。難しい。だいたい人間が悪いんだけど。
    ・あなた、外来生物だったの?!てのもいくつか。
    ・日本鹿が海外でブイブイいわして嫌われとるらしい。
    ・シーボルトさん、イタドリを持ち帰り後世のヨーロッパの人たちに叱られる

  • 絵が多めで読みやすい。

  • フィリピンマングースからランタナ(よく見る花。種に毒がある)まで外来生物・植物を紹介。外来生物が悪いのではなく、連れてきた人間の責任だと再認識させられる。
    小学生校高学年向け。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

構成・文 有沢重雄(ありさわ・しげお)
1953年、高知県生まれ。出版社、編集プロダクションを経て独立。自然科学分野を中心にライティング、編集に携わる。著書に『自由研究図鑑』、『校庭のざっ草』、図鑑『せんせい!これなあに?』全6 巻、『花と葉で見わける野草』、絵本『どうしてそんなかお?』全3巻、図鑑『生き物対決スタジアム』全4巻などがある。

「2021年 『だれのうんち?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有沢重雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
辻村 深月
ヨシタケシンスケ
ヨシタケシンスケ
ヨシタケシンスケ
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
伊坂 幸太郎
ヨシタケシンス...
エリック=カール
ヨシタケシンスケ
ヨシタケシンス...
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×