クミ+ミク=魔女? (創作こどもクラブ (5))

  • 偕成社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035300502

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小学校の図書室で借りた本です。おそらく生まれて初めてのめり込んだ物語だったと思います。

    主人公・久美は気弱で内気なためにガキ大将に泣かされるいじめられっ子。突然現れた自分そっくりな魔女・ミクから魔法を授かって人気者になる……というあらすじ。
    当時まさに久美のような小学生だった私は最初の数ページで感情移入してしまいました。
    自分のところにもミクがやって来ないだろうかとワクワクしながら読んだのを憶えています。
    その一方で「こんなに上手くいくわけがないよなぁ」などと、子供ながらにどこか冷めた感想を持っていたのも確かです。

    もう30年近くも昔に発表された作品でなかなか入手しにくいようですが、我が子が当時の自分の年齢に近づいてきた今になって改めて読みたくなりました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

さとうまきこ・作:1947 年、東京に生まれる。上智大学仏文科中退。1973年、ベトナム戦争の脱走兵と少女の交流を描いた「絵にかくとへんな家」(あかね書房)で日本児童文学者協会新人賞を受賞。「ハッピーバースデー」(あかね書房)で野間児童文芸推奨作品賞を受賞。2005年「4つの初めての物語」(ポプラ社)で日本児童文学者協会賞を受賞。そのほか主な作品に、「わたしの秘密の花園」、「犬と私の10の約束 バニラとみもの物語」、「14歳のノクターン」(以上ポプラ社),「ぼくらの輪廻転生」(角川書店)、「9月0日大冒険」、「千の種のわたしへ ―不思議な訪問者」(ともに偕成社)、「ぼくのミラクルドラゴンばあちゃん」(小峰書店)などがある。

「2016年 『なぞのじどうはんばいき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さとうまきこの作品

クミ+ミク=魔女? (創作こどもクラブ (5))を本棚に登録しているひと

ツイートする
×