わんわん探偵団おりこう―猛犬注意事件の巻

著者 :
  • 偕成社
4.22
  • (16)
  • (9)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 212
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035305309

作品紹介・あらすじ

おれの名前はスピッツかわい。犬の訓練士をしている。犬好きなので、あずかっている犬だけでなく、ひきとりてのない犬の面倒もみている。だから、家のなかは犬だらけだ。そんなおれに、探偵の仕事がまわってきた。いまでは、黒星けいぶからもたよりにされている。今回の事件は「猛犬注意事件」と「ミイラやしきのなぞ」だ。小学中級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館本。最近、犬に詳しいと思ったら、このシリーズの影響なんだね。

  • いぬがかわいい

  • 少し怖いけど,ドキドキワクワクします。

  • 探偵ものの本ですが、あなたは、犬派か、ネコ派かを聞いて、本のおすすめをするのが楽しいです。

  • まあまあ

  •  犬の訓練士スピッツかわいさんが主人公の、短編2編。
     にゃんにゃん探偵団と同じ世界観なので、はなえさんと黒星警部も出てきます。
     ただこちらは、たくさんの犬を飼ってる男なので、事件ごとに活躍する犬が異なります。

    ------------------------------------------------------------------

     分かりやすくてハラハラする展開がおもしろいけれど、にゃんにゃん探偵団と同様、挿絵にヒントが隠されてることがあるから、いろいろなところに気を付けながら読んでないと、解けないことがある。

  • この本は、事件編とかいけつ編にわかれていて、読んでいる人にも、どんどん犯人がわかってきて、次のページに進みたいという気持ちが強くなる本です。自分の考えがあっていたら、うれしくなります。

  • 杉山亮の本

  • (収録作品)猛犬注意事件/ミイラやしきのなぞ

  • この手の本がだいすきな、息子くん。

    図書館で借りてきて、はまってしまいました。

    シリーズで読破しました。(#^.^#)

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

杉山 亮(すぎやま・あきら) 1954年,東京都生まれ。1976年より各地の保育園や幼稚園に7年間勤める。その後,手作りおもちゃを作る「なぞなぞ工房」を開く。おもちゃ作家であり,児童書作家。著作に『朝の連続小説』1・2,『青空晴之助』(仮説社),「ミルキー杉山のあなたも名探偵シリーズ」(偕成社),「日本名作おはなし絵本」シリーズ(小学館),「おばけ話絵本シリーズ」(ポプラ社)などがある。

「2022年 『児童書作家の思いつき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉山亮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×