ぼくの犬キング (世界のどうわ傑作選)

制作 : レオナード・ウェイスガード  中村 妙子 
  • 偕成社 (1986年6月1日発売)
3.67
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 17人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (102ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035321309

ぼくの犬キング (世界のどうわ傑作選)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オーストラリアの作家・画家によるボスニア紛争を子どもの視点で描いた本。犬の登場からして物悲しく、家族離散・虐殺が推測されるなど悲惨なお話だった。
    まあ、それは仕方ないし、忘れてはいけないことだと思う。
    が、この本を貶めているのは訳者によるはしがきで、ユーゴスラヴィア紛争について実に言葉足らずで、こんなのならつけない方がまし。児童文学なのだから、余計に手を抜かないでいただきたい。子どもたちが誤った認識をしないように。

  • 命、死考えさせらうちゃうね・・・

  • ジェミーは、家の犬キングが死んでしまって、とても悲しみます。ジェミーが赤ちゃんだった時から一緒に過ごした色々な事が次々と思い出されてくるのです。大好きな犬が死んでしまった事とまっすぐに向き合う男の子の姿がゆっくりと描かれます。周りのおじさんやおばあちゃんの言葉も素敵です。初めての大きな悲しみを乗り越えるお話。

  • 余計な表現がなかった。
    すんなりと文章が入ってきました。

全4件中 1 - 4件を表示

ぼくの犬キング (世界のどうわ傑作選)のその他の作品

ぼくの犬キング (どうわ新訳シリーズ) 単行本 ぼくの犬キング (どうわ新訳シリーズ) サンドール・S.ウォーバーグ

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
八島 太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくの犬キング (世界のどうわ傑作選)はこんな本です

ツイートする