だれかを好きになった日に読む本 (きょうはこの本読みたいな)

制作 : 現代児童文学研究会 
  • 偕成社
4.18
  • (10)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035390107

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私がまだ十代の頃、母からある日この本をプレゼントされました。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「プレゼントされました」
      素敵なお母様だこと。。。
      「プレゼントされました」
      素敵なお母様だこと。。。
      2012/05/28
  • トラウマになった児童書として有名(?)な本。表紙と書名が示す通り初々しい恋の物語が並んでいるが、中でも「電話がなっている」と「The End of the World」が異彩を放っている。人間の本質であるがゆえに【性】と【死】は児童文学から避けられてきたテーマであるが、「電話がなっている」は真正面から対峙した作品である。子どもは頭が固くならないうちに読んでほしい。勿論、大人でも十分楽しめる一冊。

  • 2012年読了

    電話が鳴っている

  • 小学校の図書館にあって人気だったはず…
    またもや内容覚えてないってことは読んでないのか?

  • 「○○なに日読む本」シリーズの一つ。
    初読は小学校の図書館。いくつかの短編からなる、その中の一つの強烈な印象が忘れられなくて10年越しにたどり着いた本。
    「The End of the World」:核戦争により荒野となった世界。外との交信は途絶え父母とシェルターで生活している少年。やがて父母は死に、少年は少女に会いに行く。
    これからーってときに終わってしまう。短編なのがもったいない。

    「電話がなっている」:15歳の段階で全ての人間がランク付けされる世界。ある者はエリートを約束され、ある者は重労働をし、ある者は食肉に加工される。
    思春期の生々しく初々しい性描写。
    小学生にはなかなかショッキングな作品。

  • 小学校のバレンタインコーナーに置きたかったけど
    ラスト2話がエグいので躊躇

    これ誰かを好きになった日に読みたいか…?

  • 20年近く経っても「電話が鳴っている。君からだ」という一文がこびりついている。生々しい生(性)と死の物語。オチにあんまり驚いて意味が飲み込めなくて何度も読み直してしまった覚えがある。

  • 鬱すぎる。

  • 児童文学。
    思考を与えるつくりがよい。
    解説よりその意図も伝わる。
    SFに戦争に昔話に詩と盛り沢山。
    シリーズものだが短編集。
    後半の2話はえぐい。
    「そり」がよかったので引用元のチェーオフのたそがれは読みたい。

  • 小学生のころ放課後、学校の図書館で読みだして、やめられなくなり、用務員のおじさんに怒られた記憶が・・・。
    『電話が鳴っている』に、とても衝撃を受けたのを覚えています。今でもその一篇だけが忘れられません。
    もう一度読みたいな・・・。

全18件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする