黒ばらさんの七つの魔法 (偕成社ワンダーランド)

著者 :
制作 : 牧野 鈴子 
  • 偕成社
3.61
  • (11)
  • (15)
  • (27)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 120
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035400608

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  魔法学校を卒業した本物の魔法使いの黒ばらさん。
     使える魔法は飛行術と変身術だけだけれど…。

     単なる黒ばらさんの大活躍ストーリーてだけじゃないのがいい。
     1話目なんて、性格の悪い猫に手を焼いてるだけだからね。
     でも、スーパーヒーローじゃなくて、普通のおばさんぽいところが、逆にいいんだよね。
     時々めっちゃ口が悪くなるところもよし。

     ただ、最後の白ばらさんの話は、ちょっと意味分かんなかった。

  • なじ■

    普通の人間と同じように団地に住む135歳の魔女、
    黒ばらさんと七つの魔法の物語。

    基本的に児童書らしいほんわかしたお話ですが、
    時折驚くほど胸が衝かれるような描写があり、
    ラストのお話もなんだか言いようもないぐらい切なさを感じました。

    お話も大好きですが、イラストがもうクラクラするほど素晴らしくて
    世界観を実に見事に表現されていて見惚れっぱなしでした!

    15年を経て続編も出てるそうなので
    それも読むのが楽しみです。

  • 表紙が美しい。子供の時に読んでいればよかったかも。
    意外と人が死んだり、内容が世知辛い。
    現代日本の中に生きる魔女、という感じ。
    すごく庶民感覚の魔女像である。
    嫌いではないけど物足らなかった。

  • 初めて読んだ子供時代、幼心に黒ばらさんのアンニュイな美しさが好きでした。

  • 小学生の時に読んだ本。

  • 最近、黒ばらさんの続編が図書館の児童室にあるのを見た。

    魔法使いなのに世知辛い感じの話が多かったな。
    主人公が育ちきっている大人だったからかな。

  • 手に取りたくなる表紙。

    2004.7 再読

  • 表紙の絵が綺麗。

  • 随所にセンチメンタル。

  • 子供の頃に大好きだった本は、大人になってから読んでもやっぱり面白い。特に『黒ばらさんと楽園のとんぼ』や『黒ばらさんと白ばらさん』は、いま読んでも泣きそうになる。牧野鈴子さんの挿絵も雰囲気たっぷり。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

末吉暁子・作:神奈川県生まれ。児童図書の編集者を経て、創作活動に入る。『星に帰った少女』(偕成社)で、日本児童文学者協会新人賞、日本児童文芸家協会新人賞受賞。『ママの黄色い子象』(講談社)で、野間児童文芸賞受賞。『雨ふり花 さいた』(偕成社)で、小学館児童出版文化賞受賞。『赤い髪のミウ』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞。シリーズ作品に「ざわざわ森のがんこちゃん」(講談社)、「きょうりゅうほねほねくん」「くいしんぼうチップ」(ともにあかね書房)など多数がある。

「2015年 『ぞくぞく村のランプの精ジンジン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

末吉暁子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
有川 浩
ジェラルディン ...
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする