ぼっこ (偕成社ワンダーランド)

著者 :
制作 : 瓜南 直子 
  • 偕成社
3.88
  • (12)
  • (7)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035402008

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私は山の麓で育ったから、この本に出てくる山のコワサみたいなものは肌にビシビシわかる気がする。いつの日か読んで欲しい本。

  • しげるは父親の仕事の都合で、東京から大阪の田舎に引っ越してきた。
    家はとても古く、しげるはよく家の中で、一人の少年を見かけていた。
    彼はぼっこと言い、「オレがついいててやる。心配いらん」と、
    しげるの力になろうとしてくれていた。

    転校先の小学校では東京の言葉をからかわれ、クラスにはなじめないでいた。
    運動会のリレー選手の選抜で、しげるは選手に選ばれて、落選した少年から
    うらまれてしまったようだ。

    ある日、しげるの靴がなくなってしまった。
    学校では大騒ぎになり、皆で探してくれたが見つからない。
    しげるには、犯人がわかっていた。
    そんなとき、ぼっこが靴を探してくれると言って、しげるを山の中に
    連れて行った。

  • 最高です
    大好きな1冊
    ぜひ、読んでほしいです

  • この本は、今の自分が読むために書かれている本なんじゃないかと錯覚するくらいこころにしっかりと届きました。 ぼっこは憎たらしいけど、憎めないやつで、”家”って本当にありがたいと思いました。

  • 最後ぼっこが消えてしまう場面で泣きました、桜の嵐がびょおっと目の前をかすめていって、「ぼっこぉおお!!」ってなる(笑)
    自然に出てくる涙は貴重だと思います。

  • 祖母のお通夜の日、突然現れた小さな男の子、ぼっこ。「おまえな、もうじき、ここに住むようになるぞ。」
     彼の予言どおり、父親の仕事の都合で東京から大阪へ引っ越すことになった繁。
     都会生活から一変、田舎暮らしに慣れない繁にどこからともなく現れて、あれこれ世話を焼くぼっこ。
     そんなぼっこに繁はいつの間にか恐怖心がなくなり…。
     主人公繁の気持ちになって読み進み、一緒になって不思議な体験をしたかのような感覚が残ります。
     妖怪、神、などの存在が必要な時代なのかも知れませんね。

  • お話はやっぱりさすが、富安さん!という感じで良かったです。
    山の力に家の力、変わらず大事にしたいのに、時代の流れの力には敵わない。それでも、敵わなかった力はなくなる訳じゃなくて、いつかきっと帰ってくる。そんなお話。好きだなぁ…

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

富安 陽子(とみやす ようこ)
1959年、東京都生まれの児童文学作家。和光大学人文学部卒業。25歳でデビューし、1991年『クヌギ林のザワザワ荘』で日本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、1997年「小さなスズナ姫」シリーズで新美南吉児童文学賞、2001年『空へつづく神話』で産経児童出版文化賞を受賞。『やまんば山のモッコたち』がIBBYオナーリスト2002文学作品に選出される。『盆まねき』で2011年、第49回野間児童文芸賞、2012年、第59回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。
受賞作のほか、「シノダ!」シリーズ、「内科・オバケ科ホオズキ医院」シリーズ などの代表作がある。

富安陽子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
富安 陽子
富安 陽子
あさの あつこ
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
富安 陽子
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする