この世のおわり

制作 : 松下 直弘 
  • 偕成社
3.57
  • (3)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035404903

作品紹介・あらすじ

紀元九九七年、中世ヨーロッパ。吟遊詩人マティウスは、ふうがわりな少年修道士ミシェルと出会う。"この世のおわり"が近いと信じるミシェルは世界を救うため、三つの胸飾りをさがしているという。マティウスは半信半疑ながらも、ともに旅立つことになる。『漂泊の王の伝説』のスペイン人気作家が二十歳で書き上げた、圧巻のデビュー作。バルコ・デ・バポール児童文学賞受賞。小学校高学年から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あの本の下書きみたいな感じだった。さらに粗削り。

  • 資料番号:020218681
    請求記号:963ガ

  • 紀元997年の中世ヨーロッパ。吟遊詩人マティウスは若い修道士ミシェルと出会った。
    この世は老いていく、死に向かう。黙示録によればこの世のおわりは主の生誕から1000年後、今から3年後に訪れる。
    ある修道士によって200年以上前に書かれた写本に注釈があり、はかりしれない力を持った三つの首飾りを集め、『時をつかさどる霊』を呼び出してお祈りをして、生きるに値するか裁いてもらうのだという。それができなければ、時間の環は止まり、この世のものすべて滅んでしまうのだと。
    マティウスは半信半疑ではあったが、世間知らずのミシェルが気になり、共に旅をすることに。旅するうちにミシェルは成長していき、互いを理解していくようになる。

    地図が載っているので、彼らが旅した場所をみながら読みすすみましたが、この時代は何カ月もかけて移動するので大変よね。
    この世がこの先どうなるかを見てからのミシェルの行動には驚愕する。まさかそうなるとは。これはとても面白い物語。
    ほんとストーンヘンジって不思議な形をしている。この本を読んだら、ますます不思議に見えてくるね。

  • ミシェルとマティウス、ふたりだけの旅でよかったのに。ルシアは余計だった。モン・サン・ミシェルに行きたくなった。たしかに相応しい場所だ。

  •  10世紀末のヨーロッパが舞台。997年、吟遊詩人マティウスは、年若い修道士ミシェルと出会う。紀元1000年にこの世はおわる。その前に、現在・過去・未来<3つの時間軸>を見つけて、<時をつかさどる霊>に呼びかけなければ、この世は滅んでしまうのだと、ミシェルは話す。マティウスは、半信半疑ながら、ミシェルとともにアーヘンを目指す。

  • 紀元997年の中世ヨーロッパ。吟遊詩人マティウスは若い修道士ミシェルと出会った。

    この世は老いていく、死に向かう。黙示録によればこの世のおわりは主の生誕から1000年後、今から3年後に訪れる。
    ある修道士によって200年以上前に書かれた写本にそれについてのついての注釈があり、
    はかりしれない力を持った三つの首飾り『過去の時間軸』『現在の時間軸』『未来の時間軸』を集め、『時をつかさどる霊』を呼び出してお祈りをして、生きるに値するか裁いてもらうのだという。それができなければ、時間の環は止まり、この世のものすべて滅んでしまうのだと。
    マティウスは半信半疑ではあったが、世間知らずのミシェルが気になり、共に旅をすることに。旅するうちにミシェルは成長していき、互いを理解していくようになる。

    地図が載っているので、彼らが旅した場所をみながら読みすすみましたが、この時代は何カ月もかけて移動するので大変よね。

    この世がこの先どうなるかを見てからのミシェルの行動には驚愕する。まさかそうなるとは。これはとても面白い物語。
    ほんとストーンヘンジって不思議な形をしている。この本を読んだら、ますます不思議に見えてくるね。

  • 楽しい本でした。ちょっと冒険した気分になりました。

  • 紀元九九七年、中世ヨーロッパ。吟遊詩人マティウスは、ふうがわりな少年修道士ミシェルと出会う。“この世のおわり”が近いと信じるミシェルは世界を救うため、三つの胸飾りをさがしているという。マティウスは半信半疑ながらも、ともに旅立つことになる。『漂泊の王の伝説』のスペイン人気作家が二十歳で書き上げた、圧巻のデビュー作。バルコ・デ・バポール児童文学賞受賞(「BOOK」データベースより)

    二十歳でこれを書いたってのはすごい。
    ただやはり前回読んだ『漂泊の王の伝説』の方がよかったかなぁ。
    こちらは映画化されたら面白そうな感じでした。

  • 紀元997年、ヨーロッパ。吟遊詩人マティウスは、この世のおわりを阻止しようとする少年修道士ミシェルと出会う。

全9件中 1 - 9件を表示
ツイートする