ものいう動物たちのすみか (安房直子コレクション)

著者 :
  • 偕成社
4.20
  • (14)
  • (9)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :67
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035409304

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 冒頭の1作品以外は
    お豆腐屋さんの亭主
    お休み処の夫婦を主人公とした連作。

    とっぴょうしもない=子ども向け、という不思議は結末が多かった気がする。(めんこの話とか。。恐い。。)
    短い話が多いので、お子さんがいる家庭は寝る前に1作品ずつ。。。と読み聞かせるのが楽しいかも。

    巻末のエッセイでは、安房さんオススメの作品が色々紹介されていて、そちらの方が気になった。

    きつねの夕食会

    すずめのおくりもの
    ねずみの福引き
    きつね山の赤い花
    星のこおる夜
    ひぐれのラッパ
    ねこじゃらしの野原

    風のローラースケート
    月夜のテーブルかけ
    小さなつづら
    ふろふき大根のゆうべ
    谷間の宿
    花びらづくし
    よもぎが原の風
    てんぐのくれためんこ
    私のファンタジー

    読むことと書くこと
    私の宮沢賢治
    宮口しづえさんの本の魅力
    誰のために

    ≪おすすめ紹介≫
    アンデルセン、グリム、アラビアンナイト
    遠野物語
    宮沢賢治童話集
    世界むかし話集
    三好達治詩集
    斉藤隆介短編童話集(滝平二郎さんコンビの人!!読み返したい。。)
    有吉佐和子
    水上勉
    芝木好子
    三浦哲郎
    宮尾登美子「一弦の琴」「序の舞」
    宮口しづえ「ゲンと不動明王」「山の終バス」「箱火ばちのおじいさん」「胸にともる灯」「木曽の街道端から」

  • 「風のローラースケート」「きつねの夕食会」「ねこじゃらしの野原」「すずめのおくりもの」など、ものいう動物たちと人との交流を描いた作品15編。

  • きつねの夕食会
    最初、読んだ時は、オチは好きだけど、できはどうだろう?

    というような感想でした。
    けっこう、好きなオチではあるけど、電気屋さんがでてきたところあたりから、もう読めていたし…。

    でも、子どもたちの前で声に出して読んでみて、ちょっと、印象がかわりました。

    安房直子さんの作品って、どれぐらいの年齢の読者に向けて書かれているのかわからないところがあるのですが、この作品は、かなり明確に、「子ども」を意識して書かれているような気がしました。

    子どもはねぇ、すごく楽しく聞いていました。

    ねこじゃらしの野原 とうふ屋さんの話
    小さい小さいところにも、丁寧な世界があるんだよというそんな感じの連作です。
    オチといえるオチはないんだけれども、妙に、ふむふむとうなずいてしまうようなお話です。

    山の童話 風のローラースケート
    「ねこじゃらしの野原」は、人物を中心に広がっていく連作でしたが、この「山の童話 風のローラースケート」は、世界が広がっていく感じでつながる連作です。

    安房直子の作品は、わりと1話完結のものしか読んだことがないので、これは、すごく興味深かったです。

    森の優しさ、ふところの深さだけではなくて、森野怖さみたいなものもちゃんと書かれていて、それが、また森の風景を魅力的にしています。

    特に「花びらづくし」は、出だしから、思いがけないラストまで、すごいドキドキしました。

    陰と陽の両方が、しっかりと入っているファンタジーというのは、素晴らしいものです。

  • 不思議ばなし満載の本です。
    子どものころから動物とお話ができたらどんなにいいだろうって・・・よく思ってました。
    登場する人間、お豆腐屋さんも、峠の茶店の人たちもみんないい人ですね。
    小学生のころに戻ってもう一回読みたいなあ。

  • 動物たちとの、ほのぼのとした接触、かわいい!

  • ●読書録未記入 2009.07
    「すずめのおくりもの」稲荷ずし

  • 安房さんは私の神様です。

  • 「風のローラースケート」「きつねの夕食会」「ねこじゃらしの野原」「すずめのおくりもの」など、ものいう動物たちと人との交流を描いた作品15編と、作品理解の助けになる単行本未収録のエッセイを巻末に収録。

  • この中では特に「ふろふき大根のゆうべ」がすきです。<BR>
    また、「ねずみの福引き」「花びらづくし」などもイメージが広がり、違う世界をみせてくれるので印象深いです。

  • 今年出た安房さんの全集の1冊。実におもしろくおいしそう(おなかのすいているときには向かないかも……)。Rも、最初は手近においてあったから何気なく読み始め、「めちゃくちゃ面白い」と1日で読了。
    ちょっと背伸びした本を読むより、まだ今はこういう本をたくさん読んでほしいなあ、と思う。

全10件中 1 - 10件を表示

安房直子の作品

ものいう動物たちのすみか (安房直子コレクション)はこんな本です

ツイートする