世界の果ての国へ (安房直子コレクション)

著者 :
制作 : 北見 葉胡 
  • 偕成社
4.00
  • (11)
  • (7)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035409601

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは、わたしの知っている安房直子とは、ちょっと違った感じの物語集です。
    喪失感とか、どうしようもないあこがれの気持ちとか、そういったところは、安房直子なのです。それらの感情や、そこに映し出される異界をガラスごしに眺めている印象があるのが、わたしの知っている安房直子の童話なのです。
    でも、この本に書かれている作品では、実際に、その世界にアクセスしてしまう。しかも、帰ってこれなくなっちゃうのです。
    そして、その話が、教訓めいていないだけに(多少は「欲張りすぎ」とかあるのですが)、よけいに淡々としていてこわいです。

    鶴の家
    死んだ人の数だけ、お皿の鶴が増えていきます。
    これは、けっこう怖いです。

    最終的には、ハッピーエンドなのですが、なんか、怖さは後に残ります。

    というか、ハッピーエンドはあんまり後に残らなくて、怖さはあとにひいている感じです。

    日暮れの海の物語
    さて、カメから逃れることができたのですが、

    「わたしはかめを裏切った……。」

    と、心に思い続けながら生きていくのが幸せであったかどうか。

    長い灰色のスカート
    あっちにいってしまうのは、怖いとともになんか甘美な感じもします。
    これは、この本に収められていく作品のほとんどに共通する雰囲気です。

    神隠しにあいやすい子に対するあこがれが、自分のなかにあるようです。

    木の葉の魚
    ちょと、金子みすずの詩を思い出してしまいました。
    こうやって、網にかかる大量の魚たちが、みんなこんな物語をもっているとしたら……。怖いですねぇ。

    奥さまの耳飾り
    「魔法というのは、悲しいものだ。」

    どこかに、この考えがつねに潜んでいるのかもしれません。
    そして、恋愛も、魔法のようなものなのでしょうか。

    野の音
    人さらいの話です。
    そして、なぜか、さらわれたくなるような弱さ、ここではないところに生きたくなる弱さを人はもっているんだと感じさせられます。

    青い糸
    これも、誘われて、行って、帰ってこないお話です。
    女の子が、男の人を連れて行きます。

    男の方が、さそわれやすいのかもしれません。

    火影の夢
    これも、女の子が、男の人を連れていく話です。
    幸せだった過去に戻ったのだから、もしかすると幸せかもしれない。

    そう感じながらも、なんか、ゾッとするような印象も残るのは、なぜなんでしょう。

    野の果ての国
    悪夢のみせた幻でしょうか。
    それとも、本当にあったことでしょうか。

    それは、多分それは、それぞれの読者の判断ということになるのでしょう。

    銀のくじゃく
    夢なんか追いかけるから…。
    でも、夢を追いかけずにはいられない。
    それが、滅びにつながっていても。

    そんなお話です。

  • 「鶴の家」「日暮れの海の物語」「火影の夢」「銀のくじゃく」など、あざやかな色彩のホラー10編。

  • この巻はとくにちょっと怖い感じのお話が集められている。
    世界の果て、あるいはどこかも分からない違う国、遠い遠いところ・・・。行って帰ってくるものの痛い目を見ていたり、行ったきり帰ってこなかったり。
    「別世界」は、ほんとにきっと、すぐ近くにあるんだろうなぁなんて、安房さんの物語を読んでいるとしみじみ思ってしまう。

  • [ 内容 ]
    「鶴の家」「日暮れの海の物語」「火影の夢」「銀のくじゃく」ほか、あざやかな色彩のホラー10編。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • この本は安部直子コレクションの6番目です。お話はたとえば『鶴の家』 『木の葉の魚』 『奥様の耳飾り』等です。
    わたしが一番オススメするお話は『木の葉の魚』です。内容はおなべの中に
    木の葉をいれると魚にかわるというのです。
    でも、海の魚は1匹1匹へっていくので、困ったときにしか使ってはいけないといわれています。でも、どんどん使ってしまいます。
    どうなるのでしょうか?

  • 「鶴の家」「日暮れの海の物語」「火影の夢」「銀のくじゃく」ほか、あざやかな色彩のホラー10編。

  • 童話パート2。この人のファンタジーは普通にいい話もあればちょっとブラックっぽい所のあるものもあって面白い。

  • 果ての国のように、静かな気分で本を閉じることができました。<BR>
    これまでの最終章ではないけれど、一味も二味もかみしめながら読みました。

  • この人の書く物は切なすぎて胸に染みます。
    童話は子供だけの物で無いんだな〜としみじみ思いました。
    文庫で出たら全巻揃えるのに…。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

【安房直子・著】  1943年、東京に生まれる。日本女子大国文科卒業。大学在学中より山室静氏に師事する。作品に『まほうをかけられた舌』『花のにおう町』絵本『青い花』(いずれも岩崎書店)、『白いおうむの森』(筑摩書房)『やさしいたんぽぽ』(小峰書店)などがある。『さんしょっ子』で日本児童文学者協会新人賞を、『風と木の歌』(実業之日本社)で小学館文学賞を、『遠い野ばらの村』(筑摩書房)で野間児童文芸賞を、『風のローラースケート』(筑摩書房)で新美南吉児童文学賞を受賞する。1993年没。

「2015年 『花さき山』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安房直子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オトフリート=プ...
荻原 規子
酒井 駒子
荻原 規子
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする