キュリー夫人―ラジウムを発見、人々の幸せに役立てたポーランドの科学者 (伝記 世界を変えた人々)

制作 : 乾 侑美子 
  • 偕成社
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035420101

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 科学者 キューリー夫人の伝記の中でも、わりと硬めのもの。

    シリーズ全体でも、しっかりしたものが多いので、読み比べて著名人を比較するコトもできる。

    数学が得意なロシアと、技術が発展したドイツ。その中間にあるポーランド。
    ロシアとドイツに囲まれたポーランドの科学者の置かれた位置のようなものも伺い知ることができるかもしれない。

  •  “ラジウムを発見、人々の幸せに役立てたポーランドの科学者”キュリー夫人(マリー・キュリー)。p155にマリーのノートと写真があり、説明が書いてある。「90年たった今日でも、これらのノートは、強い放射性をおびていて危険なので、鉛をはった保管庫にいれておかねばなりません。」…危険性が知られていない時代のこととはいえ、その研究に対する真摯な姿勢、すごすぎる。

  • たくさんの理系女子の先輩たちが「理系に進もうと思った原点かも・・・」とあげる本。
    マリー・キュリーの伝記は、理系に進もうと思う女子なら、一度は読んでみて欲しい一冊。

全3件中 1 - 3件を表示

ビバリー・バーチの作品

ツイートする