ガリレオ・ガリレイ―地動説をとなえ、宗教裁判で迫害されながらも、真理を追究しつづけた偉大な科学者 (伝記 世界を変えた人々)

  • 偕成社
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035421702

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ガリレオは1633年、69歳の時に宗教裁判にかけられました。異端とされるコペルニクスの考えを支持したことで教会と衝突し、アリストテレス理論の支持者たちと対立した。宗教は信仰にもとづくものであり、科学の問題に宗教が口をだすべきではないことを分かってもらうためガリレオは闘った。ガリレオは神を疑っているのではなく、真実を見ようとしない人間の態度に疑問をもった。真実一路といった感じです。宗教裁判でやむなく自分の意見を取り消し、有罪判決を受けます。それでも支持者たちに囲まれ研究を続けたという人望を集める人間性にもとても魅力を感じました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

[Michael White]ジャーナリスト、講師、プロの音楽家を経て、現在作家として30冊以上の本を執筆。ベストセラー小説に『五つの星が連なる時』(早川書房)、S・ホーキング(ジョン・グリビンとの共著)、アインシュタイン、レオナルド・ダ・ビンチの伝記などがある。『Isaac Newton: The Last Sorcerer』ではアメリカでブックマン賞を受賞。シドニー在住。連絡先:michaelwhite.com.au

「2018年 『ニュートンとコーヒータイム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マイケル・ホワイトの作品

ガリレオ・ガリレイ―地動説をとなえ、宗教裁判で迫害されながらも、真理を追究しつづけた偉大な科学者 (伝記 世界を変えた人々)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×