セロ弾きのゴーシュ (偕成社文庫―宮沢賢治童話集 (2019))

著者 :
制作 : 田代 三善 
  • 偕成社
3.71
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035501909

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「セロ弾きのゴーシュ」宮沢賢治
    宮沢賢治童話集。くすんだ色合い。
    さいたま読書会第3回課題図書。

    読了。

  • 宮沢賢治の童話集2冊目、相変わらずいいっす。

    この本ではやまなし、よだかの星、オツベルと象、雨ニモマケズ、セロ弾きのゴーシュなどの代表作が盛りだくさん。

    ほんと、宮沢賢治の視点と表現は誰にも真似できない。感性ってこういうもんだろうなあと思い知らされる。

  • こちらは赤羽末吉氏の絵になるもの。茂田井武氏のものとどちらを選ぶかは、微妙なところ。
    私ごときが論じられるようなものではない。http://www.kaiseisha.co.jp/cgi-bin/find2.cgi?page=frameBso&pform=key&lstnum=10&keysw=%83Z%83%8D%92e%82%AB%82%CC%83S%81%5B%83V%83%85で表紙絵だけでも見られるので、せめて比べてから購入を決めたほうがいいと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

大正・昭和時代の詩人・童話作家。岩手県出身。農学校の教師をしながら,詩や童話を書いた。『銀河鉄道の夜』『どんぐりと山猫』等の童話や、詩『雨ニモマケズ』など名作を多数創作。

「2018年 『注文の多い料理店/野ばら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

セロ弾きのゴーシュ (偕成社文庫―宮沢賢治童話集 (2019))のその他の作品

宮沢賢治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする