ネズナイカのぼうけん (偕成社文庫 (2029))

著者 :
制作 : ラープチェフ  福井 研介 
  • 偕成社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035502906

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少し教育やしつけのにおいはするけど、おおむねファンタジー。

  • 16人の小人が気球にのって旅に出て、新しい土地で新しい友だちができて…というかんじのほのぼのとしたお話。訳が古いからちょっと読みにくかったかな。最後にネズナイカがちゃんとものわかりがよくなるのは、安心した(笑)。私の持っているのは1996年9月の5刷だそうだ。20年で5刷て…でも、読みたかったので買っておいてよかった。今では絶版。復刊希望。もしくは新訳で。『太陽の都に行ったネズナイカ』、『月にいったネズナイカ』も気になるじゃないか。炭酸ソーダ水自動車とか、小人たちの発明も楽しい。挿絵もかわいい。お話にぴったりで、次にどんな絵が出てくるのかも、読んでるときの楽しみでした。

  • 子どもの頃に何度も読み返した本。

  • 霧のむこうのふしぎな町のリナが、
    物語の中で読みたがっていた 旧ソ連の童話。

全4件中 1 - 4件を表示

ノーソフの作品

ツイートする