鏡の国のアリス (偕成社文庫 2065)

制作 : Lewis Carroll  芹生 一 
  • 偕成社 (1980年11月発売)
3.66
  • (59)
  • (32)
  • (107)
  • (8)
  • (2)
  • 369人登録
  • 48レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035506508

鏡の国のアリス (偕成社文庫 2065)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハンプティ・ダンプティ、三月うさぎは、1作目ではなくこちらに登場。

  • 「ふしぎの国」と同様、真面目な感じのする翻訳。
    最初と最後の詩は、この本の訳がいちばん好き。

  • 大人になっていく少女に対する、ある種の寂しさが表現されています。

  • 訳は好きじゃないけど、テニスンの挿絵のままであることはうれしい。

  • 「不思議の国」よりおもしろかった。今回も挿絵のお陰で読みやすかった。言葉あそびはナンセンス。もうわけわからない。相変わらずのおてんばで可愛らしいアリスは仔猫とじゃれあっていたら鏡をすり抜けて鏡の国の世界へ。チェス盤上をチェスの駒ポーンになって住人たちの奇妙な出会いに遭遇しながらも女王へと昇格するべく一歩一歩前進していく。2人の女王に挟まれて理不尽な試験を受けるアリスは何ともお気の毒でした。喉の渇きにビスケットを渡されるのはつらいなあ。最後の質問は…答えがあるのかな?どっちだろう?また今度読み直してみよう。

  • 鏡の国の住人はどうしてあんなにうざいんだろう?
    アリス又は作者がちょっと精神的に病んでるようなイメージを持ってしまう。
    アリスのお姉さん以外物語には出て来ないし、両親の愛が足りなくて空想に逃げるようになってしまった少女、っていう感じを受けた。
    解説を読むと、やっぱりちょっと作者はおかしかったんじゃないかと思う。
    小さい女の子とばかり遊んで、その女の子が大人になるのを嘆いて、そこに恋心はなかったにしてもロリコンみたい。
    作者は死ぬまで大学の中で暮らして、大学の外には出なかった。
    きっと死ぬまで大人になれない人だったんだと思う。

  • 2003年9月21日購入。
    2004年9月11日読了。

  • 不思議より好きだw

  • アリスの翻訳もまた星の数ほど有りますが、脚注が充実していて、テニエルの挿画で、言葉遊びに関しても無理なく読みやすい、と言う点でアリス初心者として間違いのない選択だったと思います。
    『不思議の国のアリス』よりも「(チェスの)ルールに則った」展開なので、トランプの国のような「わけわからん感」は少ないかしら? その代わりパズルのような楽しさがあります。
    原書で読むともっと楽しいんだろうなぁ。

  • 鏡の国も読みました!

    双子やたまごが出てきます。
    昔読んだときは気づかなかったけど
    ジャバウォックの詩にジャブジャブ鳥やバンダスナッチって名前が出てきました!おお!

    挿し絵もアリスとジャバウォックが闘ってるところで
    詩でもつるぎがどうとかはねたる首とか書いてあって

    なるほど映画はこのへんを膨らましたんだな〜

    あと捕らわれの帽子屋とか


    支離滅裂で奇妙奇天烈で意味不明だけど
    ここまでわからないといっそ清々しい気がします(笑)

    でもこれ子どもにはキツいよなぁ
    わたしも子どもの頃無理でした^_^;

全48件中 1 - 10件を表示

鏡の国のアリス (偕成社文庫 2065)のその他の作品

鏡の国のアリス (岩波少年文庫) Kindle版 鏡の国のアリス (岩波少年文庫) ルイス・キャロル
鏡の国のアリス (岩波少年文庫) 文庫 鏡の国のアリス (岩波少年文庫) ルイス・キャロル

ルイス・キャロルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鏡の国のアリス (偕成社文庫 2065)を本棚に登録しているひと

ツイートする