びりっかすの神さま (偕成社文庫)

著者 :
  • 偕成社
4.34
  • (98)
  • (47)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 667
感想 : 65
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784035509608

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • H30.1.28 読了。

    ・「テストごとに点数順にすわる場所をかえさせる、という実にいやらしい教師がここには出てくる。こういう傷つけかた、いやらしさに対抗するのは難しい。それを変えていったのは例によってスーパ-ヒーローではないごく平凡な男の子。」・・・解説より。
    児童書だと思って読んだら、面白かった。
    もっと早く出会いたかった本の一冊になりそう。

  • 毎日そこで過ごしている人には分からないことをよそからやってきた人が気がつくってことあるよね。
    この物語は、4年1組にやってきた転校生の木島始くんが”それ”に気がついたことから始まるんだ。そう、始めは始くんからってこと。

    始くんのお父さんは、仕事でとにかく人に負けないように、つねに勝つようにって、働きすぎてがんばりすぎで無理がたたって亡くなってしまった。お母さんは始くんに、「がんばるっていうことが、人に勝つっていうことだったら、そんな頑張り方はしてほしくないわ」って言う。
    そんな始くんが転向したのは、担任の市田先生がなんにでも順位を決めて、その順位で席替えをするというクラスだった。
    転向初日に始くんは不思議なものを見た。透き通った男の人、20センチ位で、くたびれた背広で背中に羽が生えている。
    その男は、クラスの生徒たちの「びりになったという気分」から生まれた”びりっかすの神様”だったんだ。
    始くんは、びりっかす神様と一緒にいるためにわざとビリをとった。そのうちに、ビリをとった他の生徒達にもびりっかす神様が見えるようになり、そして一度見えた生徒たちは心で会話ができるようになっていったんだ。

     がんばるってどういうこと?
     自分が加わっているこの競争は本当に価値があるの?
     明らかにハンデがある相手と競って自分が勝っても気分が良くないけれど、わざと負けたら相手はもっと嫌な気分になるよね?
     自分も相手も嫌な気分にならずにがんばるってできるのかな?
     
    こうしてクラスのみんなは真剣に話し合い、そして本気でやるということこそが楽しく嬉しい気持ちになれるんだって思うようになったんだ。

    ===
    がんばること自体が悪いのではなく、がんばる気持ちの元と目的によって、それは辛くもなるし、楽しくもなる。

    最初はこのクラスは、担任の先生により順位を競い他の人より優位に立つことが正しいと思ってしまって、それはいびつなクラスメイト関係となっていました。
    しかしみんなで高め合うということに自分たちで気が付きます。
    そしてラストの”種明かし”により、先生自身も心の奥底では疑問を感じていたようですね。
    ”がんばる”の反対は、”かんばらない”ではなくて、”気持ちを変える”というお話でした。

  •  評価が高いので読んでみた。児童書なのでサクっと読めた。私にとったら正直なところまあ普通かな、って感じだった。小学生に読ませるには良いかもしれない。いや、むしろ大人の方が良いかも。

     主人公の男の子は転向した学校で小さな大人の姿をした神様を見る。その神様はビリにならないと見えないらしい。その神様を見るために少年はわざとビリを目指していく。その神様を見たくビリを目指す子どもたちが増えていって・・・。

     なんでも一番を目指すことだけが正しいことではない。そして頑張れと言うことも。ただ、一生懸命にやることは大切なこと。そんなことを教えてくれる。そんな作品だ。
     「がんばれ」にも2種類ある。考えさせられた。

  • 小学生向けの推薦本として定番のようなので、興味を持って読んでみました。

    結果、期待どおり、面白い。

    成績順に席を座らせる先生。今だったら倫理的に大問題でしょう。
    ただ、進学塾などでは普通にやられていることだったり。リアリティはあります。

    そんな息苦しいクラスに、転校生である主人公が、マイペースに新しい風を吹き込んでいく。

    競争することが必ずしも価値ではないということが、この話の価値観だけど、それが説教臭くうすっぺらくならないのが凄いところ。

    何より、主人公達が見る「びりっかすの神様」の存在そのものがわくわくする。それは、ある意味藤子不二雄の漫画のように、ドラえもんだったり、オバQなど、異物を媒体にして、社会の息苦しさに風穴をあける。という物語が気持ちいいのに良くにている。

    そして、子ども達は、大人に見えない、びりっかすの神様を見る事で、秘密を共有し、しだいに活き活きとしてくる。

    普通に自分らしくいること、社会で過ごす上で、これがいかに難しいことか。
    しかし、勇気をもって、自分を見つめることで、自分を認められる。このことをこの物語は、子ども目線で語ってくれる。

    なにより、筆者の子ども達への信頼、可能性へのロマンが力強く伝わってくる。

    家の子供も、この本を面白いと言っていたが、この物語の面白さに惹かれているようだった。
    道徳の時間のような教訓めいた話の面白さではないところが絶妙だと思う。

  • この物語から教訓っぽいものを読み取るのは簡単なんだけど。
    ビリになりたくないとか、恥ずかしいとか、だれかを蹴落として勝つこととかをモチベーションにしてがんばるのは、どうなのよ、みたいな話で。

    「本気で走れば、一等でなくてもいいじゃないか。英子だって、本気で走って、ころんだんだろ。」っていうビリーのセリフが、ハイライトになるかなと。まあ Do your best ってこと。

    でも、小学生の頃に読んでぼくが何よりおおっと思ったのは、「おしえてなかまにすれば、ぼくたちのとる点があがっていくことになるよ。」って発想だった。
    「ずっとやってりゃ、なかまがふえて、全員びりになるぜ。」と笑い合う。
    (テレパシーで)勉強を教え合えるから、だんだんクラス最低点が上がっていく。全員が満点を取れるようになったら、ある意味、全員びり。
    それって愉快だなあと。
    (たとえば「びり」のような)レッテル貼りなんか、何にも怖くないんやなと思いましたね。発想の転換で、狭い世界を飛び出していける。

    岡田淳さんの本が好きなんだけど、中でも『びりっかすの神さま』は、早い時期にぼくの世界観の構成要素となった一冊で、ずっと大事にしたい本ですね。

  • 小学校中学年ぐらいから大人まで、
    非常に楽しく読めます。

    そして、「人に勝つこと」「1番を目指すこと」について
    全く逆の見方をしてみることのおもしろさに気づきます。


    まずは、物語冒頭の母の言葉と、中盤の母のひと言。

    ==============================
    ・母「そんなことでは ひとには勝てん、
       お父さんの口ぐせだったわ。

       でも、人に負けないように仕事をするって、
       そんなにいいことだったのかしら」

    ・母「おともだちができるって、いいことね。

       一番になるためにがんばるよりも、ずっと いいことだわ、きっと」
    ==============================

    この、「おともだちができる」にいたるまでに
    非常に痛快な、びっくりするような友だちの増え方が
    描かれるのですが、それは本書を読んでみて下さい。

    最後に、主人公が「がんばる」にも2種類あることに気づくところから。

    ==============================
    ・あのとき、みゆきたちが、がんばれといってくれた。
     先生にいわれたときとちがって、きょうのがんばれは、いやじゃなかった。
     どうしてかな、と始(はじめ)は思った。
    ==============================

    「がんばること」について考えさせられたシーンです。

    作者の岡田先生は実際に西宮市で小学校の先生をされていたそうで、
    学校のシーンは非常に生き生きと描かれ、ひきこまれます。

    「がんばること」
    「1番になること」にこだわっているときに、
    読んでみたい本です。

  • この本の場合は「クラス」が舞台だが、社会に置き換えると、社内で社員同士競争させるよりも、協力したほうが生産性がアップするという、当たり前のことが書かれている。子供時代から児童文学には触れてこなかったが、大人になって、その価値がわかった。

  • 全く違う視点を与えてくれる本。
    多くの子どもたちに読んでほしい。

  • 誰かに勝ちたい、一番になりたいからがんばるのではなく、本気でやることが大切だと教えてもらいました。大人にも大切なこと。タイトルも好きです。

  • びりの子にしか見えない、20センチくらいのすきとおって背中に翼のある男「びりっかすさん」。その正体は結局わからないけれど、転校生の始が友達をつくり、クラスメートが団結するきっかけとなった。
    びりって居心地が悪いけれど、「びりっかすさん」に会うためにわざとびりをとるのはちょっと小気味よい。共通の秘密をもって段々とまとまり盛り上がっていくクラスと、生徒をうまく思い通りにできなくて弱っていく市田先生の対比がおもしろい。何にでも順位をつけて競い合うことが子どものためになると考えて空回りする先生と、順位ではなくて本気でどれだけぶつかれたかが大事だと気付いていく生徒の心の成長が対照的だった。
    順位が上だからといって、人としても優れているとは限らないよね。できること、得意なことは人それぞれ。その人の個性を伸ばしてあげられる教育や子育てができたらいいなあと思いました。

全65件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

岡田淳:1947年、兵庫県生まれ。38年間小学校の図工教師を務め、その間から児童文学作家として、また、絵本、マンガ、翻訳などさまざまな分野でも活躍。『放課後の時間割』で日本児童文学者協会新人賞、『雨やどりはすべり台の下で』で産経児童出版文化賞、『願いのかなうまがり角』(いずれも偕成社)で同賞フジテレビ賞、『扉のむこうの物語』で赤い鳥文学賞、「こそあどの森」シリーズ(ともに理論社)で野間児童文芸賞など、受賞作多数。ほかの作品に『図書館からの冒険』(偕成社)、マンガ『プロフェッサーPの研究室』(17出版)、絵本『ヤマダさんの庭』(BL出版)、エッセイ『図工準備室の窓から』(偕成社)など。

「2021年 『チョコレートのおみやげ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
森 絵都
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

びりっかすの神さま (偕成社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×