ふしぎの時間割 (偕成社おたのしみクラブ)

著者 :
  • 偕成社
3.98
  • (44)
  • (42)
  • (38)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 421
感想 : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036101207

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小学生のころ何度も読んだ本。
    なにげない日常のなかで起こる不思議なできごとが、読んでいると実際に起こるような気がして楽しい!
    『ピータイルねこ』『消しゴムころりん』がとても好き。

  • 消しゴムを落とす話は、NHKのおはなしのくにで放送されていた。日常がふとしたことでファンタジーの世界になる物語が好きだから、小学生の時に読んだけど今でも好き。

  • 私が読書を好きになったきっかけの本。短編集で、当時小学生だった私でもすらすら読めたことを覚えています。収録されているお話の中でも特に「消しゴムころりん」が大好きで、当時主人公・さおりの真似をして消しゴムをわざと丸く削れるように使っていました。どのお話も、現実とファンタジーを継ぎ目がわからないように縫い合わせてあって、もしかしたらこんなふしぎで素敵な出来事がいつか自分にも起きるんじゃないか。ついそう思ってしまう、読んでいてとてもわくわくする本です。

  • 岡田淳さんのお話、どれも好きですが、大人が主人公の物語もあって、懐かしい気持ちにさせてくれます。

    いくつかの小学校の それぞれの季節 それぞれの時間のお話

    個人的には『消しゴムころりん』が微笑ましくて好きです。

  • 去年からハマっている、岡田さんの本。
    その中でも人気が高いらしい本書をワクワクしながら読んだ。
    一編ごとには無関係な小学校の1日をテーマにした短編集。
    時間が下がるに連れて、登場人物の学年も上がり、最後はベテランの女性教師ともっと年上の警備員さんまで登場する。
    学校は子供たちと先生だけではない。給食のおばさんもいれば、警備員さんもいる。
    学校のなかでも、教室以外に、運動場の人気のない百葉箱とか、階段(岡田さん、階段好きだなー)、理科室、いろんな場所が存在する。
    学校ってこんな場所だ、というのが満遍なく描かれていて、どんな人が読んでもどこかに自分の居場所を感じられるような巧い作品だった。

    読んでいて胸が痛かったのは、五時間目の石ころと、夜の掃除用具戸棚。どっちも発達凹凸の話だと感じてしまった。
    人気の高い六時間目の夢見る力。めちゃくちゃ怖いと思ったよ。これがお芝居になっているらしいけど、子供の時に見たらトラウマになりそうだ。

    印象的なのは、放課後のもう一度走ってみたい。余韻が素晴らしい。

    有名なピータイルねこ、ですが、ピータイルというものを全然知らなくてggってみて、ようやくちょっとわかった。

    それにしても、小学校って、なんて、いろんな感情を内包する場所なんだろう。
    大きな入れ物であることを改めて感じさせられた。

    一番最後に全ての登場人物が歩いていく一枚絵がとても良かった。

  • 岡田さんの本、結構好きなんだけどな。
    この本はいまいちだった。
    『ピータイルねこ』はよかったけど、あとはちょっと。
    『消しゴムころりん』は、やもりかわいかった。オチはわけ分かんなかったけど。
    それ以外は、キャラに若干イラついたり、印象に残らない話だったり。
    『カレーラス三ばい』のメイコ、あんなに迷惑かけてて、その辺はどうでもいいの?とか、『石ころ』の訓平、わけ分かんねぇとか思う。
    『夢みる力』はホラーですね。めっちゃ怖かった。

  • 岡田淳先生は図工の先生でもあったそうで、学校や図工室で作品のヒントもあったのかな、ちょっぴり不思議で、でも何だかありそうなお話です。子どもと一緒に読み聞かせをして楽しめました。

  • 教頭先生がお勧めしてくれた本。面白かった。
    学校でこんなことあるかも、と思ってドキドキして過ごした。

  • クラスメイトが石にかわっていく恐怖、必死の活躍が誰にも知られない寂しさ。

    ずっと心に残っている。
    本当のヒーローってそういうものなのかも。

  • 子供じゃないんだから、こんな子供が読む本なんて…。
    いやいや、そんな僕たちも子供だった。
    だからこそこんな出会いが楽しいんだ。
    こういう本は心がにんまり笑っちゃう。
    小学生の頃を思い出しながら、35歳春。
    春心にぴったりなほんわり暖かい本。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

岡田淳:1947年、兵庫県生まれ。38年間小学校の図工教師を務め、その間から児童文学作家として、また、絵本、マンガ、翻訳などさまざまな分野でも活躍。『放課後の時間割』で日本児童文学者協会新人賞、『雨やどりはすべり台の下で』で産経児童出版文化賞、『願いのかなうまがり角』(いずれも偕成社)で同賞フジテレビ賞、『扉のむこうの物語』で赤い鳥文学賞、「こそあどの森」シリーズ(ともに理論社)で野間児童文芸賞など、受賞作多数。ほかの作品に『図書館からの冒険』(偕成社)、マンガ『プロフェッサーPの研究室』(17出版)、絵本『ヤマダさんの庭』(BL出版)、エッセイ『図工準備室の窓から』(偕成社)など。

「2021年 『チョコレートのおみやげ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
荻原 規子
森 絵都
綿矢 りさ
森 絵都
コルネーリア フ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×