かぎりなくやさしい花々

著者 :
  • 偕成社
3.98
  • (21)
  • (13)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 145
感想 : 23
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036341306

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小さなもの、弱いものに対する星野さんのやさしい気持ちにはっとさせられます。

  • 子が、図書館で借りたのを気に入って、結局購入に至ったもの。どんなものかと、自分も読んでみた次第。和洋問わず、新旧問わず、フィクション問わず、何でも手当たり次第に読み漁る姿勢は好もしく、本書もそんな中で出会った一冊なんだけど、子自身も知らぬうち、どんどん多様性の理解も深まっている、みたいなことだと素敵ですね。

  • 星野さんの詩集で、最初に読んでずっと大好きな本です。数年前に「好きな詩を選ぶ」ということがあり、「ペンペン草の詩」を選びました。

  • [墨田区図書館]

    公文の教材にあったから、子どもに読ませるつもりで借りてはきたけれど、見るからに読めなさそう&読まなさそうな表紙絵だったし、興味もあったので、借りてきてすぐ自分で読んでしまった。

    器械体操にほれ込んで小学校の教員になっていた筆者がある日学校での指導(模範演技中)にしてしまった大けが。それがもとで半身どころか首下不随になってしまったことを自叙伝的に記した著。

    そもそも作家などではなく、普通の方が、奥さんの口述筆記で書いているということもあって、文構成とか文章的に際立った点はなく、むしろ拙さも感じる点もあるが、やはりドキュメンタリーとしての側面と、何よりも筆者の境遇と心境の変化を伴った事故以降の人生の歩みが、読む人に伝えてくる生々しい何かがある。加えて筆者が事故後に得た「花を描く」という自己表現。絵が得意と言うわけではない私などからすれば、十分に画家と呼べなくもない完成度に仕上がっているせいもあるし、その背景にある画者の並々ならぬ苦労を知ったせいもあるが、やはりこの絵があるからこそ、筆者のこの本は注目を浴び、私たちに語りかけてくるものがあるのだと思う。

    まだ「今」読ませることを完全にあきらめたわけではないが、「いつか」は息子にも読んでみてほしい。☆4以上にする重要度を見出すわけではないけど、そう思う。

  •  頸髄損傷により首から下が動かなくなった、星野富弘さんによる手記です。口に筆を咥えて書かれた絵と詩を載せ、幼少期から結婚するまでの過程が書かれています。
     絶望的な話が続くのかと思いきや、くすっと笑えたり、はっと気付かされたり、心を穏やかにしてくれたりと、読み進めていくうちに色々な感情を抱かせてくれました。
     私は弱者の味方でありたいと思いながらも、未だに偏見を持っていたようです。この本を読みながら痛感させられました。まだまだ常識や先入観に囚われて物事を考えてしまっています。感動どうこうよりも、自分自身の心の持ちようを教えてくれた一冊でした。

  • うーん、こういう人をけなしたくはないんだな。
    この人の作品で、どれだけ多くの人が勇気づけられたり、慰められたりしたかを考えれば。
    本人もいい人なんだろうし。
    多分若いころ読んだらこんなことは思わなかっただろうけど、気軽に結婚申し込んでるな、と思った。
    若さゆえかもしれないが。彼女が一生自分の介護をすること、子どもを持ったり、職業を持ったりすることを(多分)あきらめねばならないことを考えたら、そう簡単にプロポーズはできない気がするが。
    母に対しては、母や主婦の役割を別にした一人の女性として思いやる気持ちがあるのに。
    同じように半身不随になった人に、彼のように毎日に感謝して与えられた運命を受け入れて生きろ、自ら生きがいを見つけ、できれば収入も得よ、という圧迫がないだろうか、と心配にもなる。
    自分が同じ立場で、この本を持って来られたらいやだろうね。
    わたしのようなひねくれ者には向かないが、この本で生きる力をもらう人もいるのだから、価値があるんでしょう。

  • 星野さんの詩画集が好きです。動けないけれど美しく咲いて限られた命を一生懸命に生きている花々と自分を重ね合わせているように思います。詩も絵も心の奥からの真実の声であり、とても感動します。

  • 不慮の事故で手足の自由を失った星野さんが絵を描き詩を作るようになった経緯を書いた感動的な手記。逆境の中でも自分としっかり向き合う星野さんの正直な言葉に心を打たれる。生きることの意味、人間にとって大切なもの、人の心のあたたかさ、そんなことを考えさせられた。

    ぺんぺん草
    神様が たった一度だけ
    この腕を 動かして下さるとしたら
    母の肩をたたかせてもらおう
    風に揺れる
    ペンペン草の実を見ていたら
    そのな日が本当に
    来るような気がした

  • 手足の自由を失った著者。それでも口に筆をくわえ、詩や絵をかきました。とても感動するお話です。

  • 人生で初めて買った本。小学校の先生が少しずつ朗読してくれた。「作者はもう一度だけ手が動くならあることがしたいと言っています。何だと思いますか?」当時は全く予想外だった。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

詩人・画家。群馬県勢多郡東村に生まれる。群馬大学教育学部体育科卒業。中学校の教諭になるがクラブ活動の指導中頸髄を損傷、手足の自由を失う。入院中、口に筆をくわえて文や絵を書き始める。1979年、前橋で最初の作品展を開く。1981年から雑誌や新聞に詩画作品や、エッセイの連載をはじめ、1982年、高崎で「花の詩画展」開催以後、全国各地で大きな感動を呼ぶ。1991年、村立富弘美術館開館。ニューヨーク(97年)、ホノルル(00年)、サンフランシスコ、ロサンジェルス(01年)、ワルシャワ国立博物館(04年)で「花の詩画展」を開催。05年、(新)富弘美術館新館開館。群馬県名誉県民。

「2019年 『女声合唱組曲 神様ありがとう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星野富弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
麒麟・田村裕
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×