ふしぎ駄菓子屋 銭天堂

著者 :
  • 偕成社
3.87
  • (189)
  • (207)
  • (187)
  • (31)
  • (7)
本棚登録 : 2798
感想 : 237
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (150ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036356102

作品紹介・あらすじ

ふしぎな駄菓子屋で売っているふしぎな駄菓子が持つパワーとは?女主人紅子が、きょうもお客さんの運命を駄菓子で翻弄する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 廣嶋玲子さんの児童文学ですね。
    廣嶋玲子さん(1981年、神奈川県生まれ)小説家、児童文学作家、ファンタジー作家。
    絵はjyajyaさん、福岡県生まれ。イラストレーター、絵本作家。
    『ふしぎ駄菓子屋・錢天堂』の一作目ですね。
    全二十巻の人気作品です。アニメにもなりました。
    オムニバス『にゃははな毎日』で興味を惹かれまして、図書館で借りました。短編連作です。

        目次
      型ぬき人魚グミ
      猛獣ビスケット
      ホーンテッドアイス
      釣り鯛焼き
      カリスマボンボン
      クッキングツリー
      閉店
     の七作品です。
    ファンタジー小説でもありますね。歯切れのいい文章で、楽しく愉快に、そして寓話のニヒルさも後味良く、読み出したら止まりません。謎の女主人「紅子さん」も魅力的です。
     一巻目は「招き猫」は、最後の「閉店」でちょっとだけ出てきます。次巻も読んで見たくなりました。

  • 極めて良書。

    このような本に小学生が夢中になっていることはとても喜ばしい限りです。
    コミックではないのですが、表紙に載っている、圧倒的な存在感のあるおばあさんがいい味を出しています。挿絵は章の初めに小さなお菓子の絵があるだけでした。

    ちゃんと読まないとダメだよ、人のものを横取りしたらだめだよ、という生きていく上での基本的な姿勢をさりげなく伝えます。
    よく考えるな~、と思うのは表紙のおばあさん(大きさといい、存在感といい、どこかでみたことがあるような・・・ね?実世界にもいますよ~)。

    そして駄菓子のネーミング。
    ネーミングと表紙で作られるキャラクタで多くのポイントを稼いでいます。
    アニメになっているんですか?
    探してみます。。。

    そんなの、あったらいいな~、と小学生が夢中になりそうな、それでいて夢中になりすぎても怖いよ、という伏線。すばらしい。


    釣り鯛焼き、よく考えるな~、ほしい。

  • 学校図書室から借りてきた娘に薦められて読む。
    アニメは見たことがあるけど、本は初めて。

    少し怖くて、不思議で面白い。
    一つ一つが短めなので、読みやすい。

    娘の指示で、2巻に進みます。

  • 突然あらわれる店
    こういう設定はよくあるけれどこれはおもしろいなあ
    紅子さんのインパクトがすごい

    jyajyaさんのイラストがいいんだよねえ
    とても人気でシリーズ化
    アニメにも

    なるほど

    ≪ 駄菓子屋は 幸と不幸の 分かれ道 ≫

  • プライム対象だったので読んでみました。
    話題になっていて気にはなっていたものの、どうしても児童書って感じで敬遠していました。

    短編集で面白かったです。
    人間の欲深いところと鈍臭いところと、可愛らしいところが垣間見れて面白かったです
    小銭の製造年、ついみてしまうのでわたしにも紅子さんに会えるチャンスないかなーなんて。

    クレカ生活で現金持ち歩かない人には無理かー。

  • 駄菓子を食べると不思議なことが起こる。それは良いことだったり悪いことだったり。あなたは、どっち? (電子書籍)

  • 3.6
    面白かった。
    意外と軽い感じでサクサク読めました。
    殆どの人が注意書きを読まないという展開で、子供が主人公の時はまだ分かるのだけど、大人でも注意書き読まないのはちょっと不思議です。

  • やたら人気で、書架にまったく返ってこない本。
    気になってたので読んでみた。

    「幸運な人」は不思議な駄菓子屋、紅子さんと銭天堂に出会うことが出来る。
    幸運にできるか、不運にしてしまうかは使い方次第。
    最初は不思議な力が「必要な人」が銭天堂にいけるのかな、と思ったけど、そうではないみたい。
    幸運にできるか、不運になってしまうのか、
    それは本当にそのひと次第。

    ひやりとさせる怖い要素もあり、
    読みやすいボリュームの短編なので、なるほど人気出るわけだ。

    紅子さんが何者なのかは今後わかっていくのかなあ。
    アニメ化が決まっているようで、ますます人気になりそう。

  •  小学生に人気のあり本で、以前から気になっていました。読んでみると、期待に違わぬ面白さで、一気に読みました。1つの話が短く、完結しているので、小学生でも読みやすいのかなと思いました。話の展開がおもしろく、スピード感もあるので、満足感でいっぱいになりました。
     私は、星新一さんのショートショートの感じがしました。
     また、主人公の「紅子さん」のキャラがおもしろく、好きになりました。誰かが感想で書いていましたが、私も、青山美智子さんの「お探し物は図書室まで」に出てくる「小町さゆり」さんと、何か雰囲気が似ているなと思いました。
     シリーズすべて読みたいと思います!

  • 型ぬき人魚グミ
    猛獣ビスケット
    ホーンテッドアイス
    釣り鯛焼き
    カリスマボンボン
    クッキングツリー
    閉店
    の7章からなり、いずれも銭天堂のおかみ紅子さんが、必要なお菓子を必要な人に売る話。いずれも、それなりの落ちがついていて成る程人気シリーズになるはず。

    私はアニメも見たことなかったが、どんな作品だか、全くの興味本意で借りてみました。

    なるほど面白い。2作目も予約。このシリーズは予約が詰まっていて、なかなか直ぐには借りられません。

全237件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

神奈川県生まれ。『水妖の森』で第4回ジュニア冒険小説大賞、『狐霊の檻』で第34回うつのみやこども賞受賞。作品に『送り人の娘』、『おっちょこ魔女先生』、『盗角妖伝』、「怪奇漢方桃印」シリーズ、「秘密に満ちた魔石館」シリーズ、「十年屋」シリーズ、「鬼遊び」シリーズ、「妖怪の子預かります」シリーズなどがある。

「2023年 『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂1・2・3(3冊セット)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

廣嶋玲子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×