ふしぎ駄菓子屋 銭天堂8

著者 :
  • 偕成社
4.12
  • (48)
  • (45)
  • (27)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 882
感想 : 46
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036356805

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 銭天堂の工房によどみさんの黒い招き猫がもぐりこみ悪意エキスを混ぜたり、説明文を引っ掻いたりと悪さをする。そのため、駄菓子は正しい効果が出なくなったり、使用法を誤ったりしてしまう。
    それでも、『おっかさん仮面』のように、大事なことに気づく事ができたり、『泣かんパイ』では、わかってくれている人が近くにいてくれる事にホッとする。
    悪事のバレたよどみさんはこれからしばらくは登場しなさそう。
    墨丸が大活躍でした。(=^・^=)

  • 置いておくだけで、全ての家事をやってくれる「おっかさん仮面」が欲しい!しかも50円!

    感謝をしなくなり、あっという間におっかさんに成敗されそうだけど、読後の今はちゃんとルールがわかっているので大事にできるよ!!
    紅子さん、銭天堂を我が家の近所にオープンしてください。

  • おっかさん仮面 絶対母の日にゆっくりしてもらうから、うちにも来て欲しいです!
    もちろん感謝の気持ちも忘れません!!

  • いつもの銭天堂です。面白いです✨
    銭天堂シリーズは、何回読んでもあきません‼️

    銭天堂のお菓子には、ダジャレ、似た言葉などを組み合わせてお菓子の名前を作っています☆
    私はその銭天堂のお菓子の名前が面白いと思います。

  • 鳥かごから出てきた よどみさん 少しは懲りているかと思ったら、紅子さんの店の商品に「悪意エキス」を混入させて大変な事に!!(゜゜;)しかし、よどみさんの真の目的は他にあった(>_<)今回は紅子さんの黒猫・墨丸が大活躍♪そして過去に銭天堂から商品を買った皆さんも登場!(^^)よどみさんが心を入れ替える日は来るだろうか?(-_-;)今回欲しくなった商品は「おっかさん仮面」(^^)♪

  • 今までで一番面白かったです。
    墨丸(猫)がとても活躍してて、「すごいな。」と思いました。

  • なんかすごい人気のようなので
    ちゃんと内容把握しとこうと思ったら
    はじめのほうの巻も最新刊も予約待ち。
    ぽっかり残っていたのを借りてみました(笑)

    おお〜、なるほどこういう短編集か!
    読みやすいし、ちょっとドキドキしたり
    なんとなく良かったねぇと思ったり
    自分が小学生だったらハマる気がする!

    選んでくれる駄菓子の効能といい
    紅子さんが和服を着たド○えもんに見える
    というのは禁句でしょうかしら。

  • 表紙の金まねきねこたちがかわいい


    よどみとの対決も一旦終わりかな?
    悪意エキスをばらまいたのはいいけど自分がそれでやられてしまうとは...



  • いいね!( ^ω^ )

  • 図書館本。紅子の話中心でいいのになーと思ってしまう母です。

全46件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

神奈川県生まれ。『水妖の森』で第4回ジュニア冒険小説大賞、『狐霊の檻』で第34回うつのみやこども賞受賞。作品に『送り人の娘』、『おっちょこ魔女先生』、『盗角妖伝』、「怪奇漢方桃印」シリーズ、「秘密に満ちた魔石館」シリーズ、「十年屋」シリーズ、「鬼遊び」シリーズ、「妖怪の子預かります」シリーズなどがある。

「2023年 『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂1・2・3(3冊セット)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

廣嶋玲子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×