四年三組のはた (子どもの文学傑作選(2))

著者 : 宮川ひろ
  • 偕成社 (1975年2月1日発売)
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 15人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036410200

四年三組のはた (子どもの文学傑作選(2))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 赤ちゃんが生れる先生は子どもたちにとっては嬉しいことですが、お家の人にとっては少しがっかりというのが現実のようです。そんな現実から出発して、木村先生や木村先生の代わりの横山先生が一人一人の子どもたちをやさしく厳しく育てていく。そして、子どもたちは、出産という人間にとって最高の事業を教師という身近な人に見ながらいろいろなことを感じ、考え育っていく。それを校長先生がとても温かい筋のとおった言葉で見守っていく。そんな話なのです。兄弟が少なくなって、母親から出産の大変さや素晴らしさを体感できなくなった現代の子どもたち、そして、若い教師の皆さんも、この物語から人間にとって大切なことを学んでほしいと思います。また、子どもはどんな時、どんな言葉で成長するのかを具体的に教えてもくれる本でもあります。

全1件中 1 - 1件を表示

宮川ひろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
八島 太郎
にしまき かやこ
モーリス・センダ...
A.トルストイ
リンド・ワード
有効な右矢印 無効な右矢印

四年三組のはた (子どもの文学傑作選(2))はこんな本です

ツイートする