猫と海賊

著者 :
制作 : 小幡 堅 
  • 偕成社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036430307

作品紹介・あらすじ

小笠原諸島発見。猫が語る歴史物語。延宝三年(一六七五年)船頭、嶋谷市左衛門たちは江戸幕府から無人島探検の命令を下される。中国式の帆船ジャンクに乗った一行はみごと今の小笠原諸島を発見。探検をし、地図を書いた。知られざる歴史的事実をふまえた壮大な物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハーフフィクションとでもいおうか。小笠原諸島発見者は嶋谷市左衛門という実在の人で、その人が地図を作っていたから、ペリーの黒船がきたときにも日本の領土として認められたという、教科書では教えてくれない歴史。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

作詩:1929~2013。精神科医・作家・評論家。慶應大学医学部卒業後、医師として病院に勤務する傍ら、芥川賞の候補に6回上るなど旺盛な文筆活動でも知られ、著書は70冊を超えた。1969年『娘の学校』で婦人公論読者賞受賞。1975年『お医者さん』で毎日出版文化賞受賞。


「2017年 『女声合唱とピアノ五重奏のための いのりカンタービレ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なだいなだの作品

猫と海賊を本棚に登録しているひと

ツイートする