ドクター・サンタの住宅研究所

著者 : 稲葉なおと
制作 : 大野 八生 
  • 偕成社 (2010年10月20日発売)
3.38
  • (2)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (2)
  • 本棚登録 :41
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036431106

ドクター・サンタの住宅研究所の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • モリノ・マンションの前にある深い森。
    普段はフェンスに囲まれているけれど、悩みを抱えた子供たちの前には森の奥に続く道が現れます。
    入り口には金色の看板、道に沿って進むと辿り着くのは「森の住宅研究所」。
    ドクター・ピエール・山田の研究所です。
    あ、「やまだ」じゃありませんよ、「さんた」です。

    ドクター・サンタはちょっと癖のあるおじさまですが、礼儀正しい悩める子供たちを彼の大発明で助けてくれるのです。
    本書では3人の子供たちがドクター・サンタの元に相談に訪れます。
    いいなぁと思ったのは、それぞれの子供たちがドクター・サンタの発明品を通して「気付き」を得られたところ。
    すっきりした読後感で、最後までわくわくしながら読みました。

  • 家って、ただのケースじゃないよなぁ。
    ということをしみじみと思わせる。

    児童書だけれど、これから家を建てる大人が読んでも面白いと思う。
    陥りがちな住宅プランの欠点をわかりやすく教えてくれる。

    このドクター・サンタは著者を投影しているんだろうね。
    蛍光灯に怒る部分は共感。

    建築マニアには物足りなくても、そこはほら児童書ということで
    これから建築に興味を持つ子が増えたらいいなというところだよね。

  • 子供の色々な悩みを、不思議なやり方で解決していく、
    ドクター・サンタ(山田)の研究所。
    どれもこれも、住宅に関するやり方で解決していくところが新しい!
    同じパターンを踏襲していく、よくありがちな短編集ですが、
    「住宅」というくくりのストーリーになっているところが新鮮でした。

    賃貸にせよ、持ち家にせよ、少なくとも、住空間に関して、
    一度でも悩んだことのある人はちょっと目を通してもいいかと思います。
    絶対に興味が持てるはず!

    作者は元々建築工学関係の人で、多数の執筆があるようですが、
    児童書は始めてとのこと。
    というよりも、こんなテーマの児童書は、世界でも初めてではないかと、
    推測されます。

    直ぐに読み終わりますので、ちょっとでも興味のある方はどうぞ。

  • ★★★★★
    けっしてはいっちゃいけない森の奥には、みんなの悩みを解決してくれる秘密の研究所がある。
    礼儀にきびしくって頑固なドクター・サンタが解決するお悩みは三つ。
    お家をもっと大切にしたいなあとか、もっと気持ちよくお家の中で暮らせるんじゃないかなあと思える^^
    不思議な研究所にへんてこな博士、すましたネコに不思議な解決方法、独特な雰囲気を持つお話でした。
    作者の方は建築のお仕事をされているようです。
    (まっきー)

  • 児童書とは本気で思っておらず…。
    マンションに住む子供たちが、
    親にも、学校の先生にも相談できない悩みを、
    ドクター・サンタに打ち明ける。
    そしてドクター・サンタは、
    その悩みを解決すべく、
    ある発明品を、相談者の子どもに届ける…。

    家のこと、勉強になりました!

  • えっと。「住宅研究所」という特性が、もっと入ってるストーリーかと思っていたので……
    肩すかし感が……否めません。
    おもしろかったのですが。

  • 家庭の悩み事を抱えた子どもが
    ふらりと迷い込んだ不思議な家「住宅研究所」。
    そこに住むドクター・サンタ氏が
    悩み解決のため、ある物を届けるという。

    3話収録されたおもしろい話で
    子どもより私自身が勉強になりました。

全7件中 1 - 7件を表示

稲葉なおとの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
三浦 しをん
三浦 しをん
市川 朔久子
ヨシタケ シンス...
朝井 リョウ
西 加奈子
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

ドクター・サンタの住宅研究所に関連する談話室の質問

ドクター・サンタの住宅研究所はこんな本です

ツイートする