オイレ夫人の深夜画廊

著者 :
制作 : 森田 みちよ 
  • 偕成社
3.47
  • (4)
  • (9)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 70
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036431502

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雪で列車が止まりイェーデシュタットのホテルに泊まることにしたフランツ

    夜間専門の書店「オイレ夫人の深夜画廊」に立ち寄ると、木彫りのライオンがガラスケースにおさまっているのを見つける
    それは、子どものころ近所にあった建材店のグライリッヒさんが戦争に行くときにフランツがプレゼントした手づくりのライオンだった

    思い出したいものに出会うことのできる不思議な画廊、ライオンをきっかけにフランツの思い出によみがえったのは...

    『ドローセルマイアーの人形劇場』(あかね書房1997)、『アルフレートの時計台』(偕成社2011)につづく“邂逅の町”イェーデシュタットをめぐる三部作の完結編、2016年刊

    ドローセルマイアー、クラウス・リヒト博士も登場して20年がひとめぐり

  • しまった前二作を読んでいない!

  • 「ドローセルマイアーの人形劇場」「アルフレートの時計台」に続くイェーデシュタットを舞台とした物語なので、期待していたが、前の二作が素晴らしすぎたせいか、これはそれほどでもなかった。
     あっさりしていて、「あれ?終わっちゃった」という感じだった。

  • 見知らぬ町で途中下車することになったフランツは、駅で聞いた「深夜画廊」という名の書店に心ひかれた。夜間専門の古本屋で、2階は画廊になっているらしい。なにげない思いでその店をたずねたフランツは、そこで運命を変える不思議な体験をすることに。

  • 天候のせいで途中下車することになったフランツ

    そこで「深夜画廊」という書店に出会う

    そこは、運命を変える大切な物に出会える場所
    過ぎてしまったあの時に出会える場所

    不思議だけど心あたたまる1冊

  • 哲学を学んでいるフランツは、大学を移ることにした。移動の途中、たまたま見知らぬ町で途中下車することになったフランツは、夜間専門の古本屋「深夜画廊」を訪れる。そこでフランツは自分が子どものころに作ったライオンと再会する。いくつかの不思議な邂逅を経て、何かを忘れているともどかしい思いで深夜画廊を再び訪れたフランツは、自分がほんとうにしたいことに気づく。 
    *これもまた岐路に立った青年の選択の話。やりたいことが見つかった幸せ。

  • 冒頭からしてもう引き込まれ。こういった西洋的感覚が書ける作家とか、凄いなぁ。

    ミケルの庭とか、充たされざる者とか、何か忘れ物をしちゃったような感覚の話が結構好きだったんだな、と気づきました。

    三部作だったとは。
    これは文庫になったら買います。

  • やりたいことがあること、それが何なのか自分でわかっていること。というのが、実はとても幸せなことなのかもしれない、と思わせてくれるお話でした。
    まるで空気のように、不思議なことがそこにある世界観が楽しいです。同じ世界観で書かれた作品が他に2作あるとのことなので、いずれ読んでみたい。

  • 面白かったです!
    児童書だけど、中高生にも読んでもらいたいですね。

    将来を悩んでる子とかに、ぴったりな一冊だと思います。

  • ベルリンからミュンヘンに向かう列車が雪のためとある駅で停車。列車が動くまで街のホテルに泊まることになった主人公は、夜になると開く画廊を訪れる。古本屋と画廊を兼ねたその店で、オーナーのオイレ夫人と知り合ううち、自分の本当にやりたかったことに気付く。

    本の装丁は小学3~4年生くらいでも読めそうだが、内容はもっと大きい中学生以上かも。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年、東京都生まれ。。1986年、『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞受賞、同作でデビュー。1988年、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞受賞。2013年、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞受賞。その他「ペンギンたんけんたい」シリーズ、「おばけずかん」シリーズ、/講談社、「白狐魔記」シリーズ/偕成社、「西遊記」シリーズ/理論社 「ナツカのおばけ事件簿」シリーズ/あかね書房、など著書多数。

「2018年 『古事記─日本のはじまり─』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斉藤洋の作品

ツイートする