シノダ!チビ竜と魔法の実

著者 :
  • 偕成社
3.91
  • (53)
  • (61)
  • (53)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 603
感想 : 69
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036440108

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • #シノダチビ竜と魔法の実
    #富安陽子
    #新潮文庫
    #児童書
    #偕成社
    愉快なファンタジー。正体はキツネだが、聡明で強いお母さんと3人の子どもたちが災いを乗り越えていく話。映画になってもおもしろそう。キツネ族の親戚のキャラが濃くて楽しい。大きいけど挿絵が多いハードカバーがやっぱりほしい!

  • 読み聞かせ用。ママがキツネの、篠田家。チビ竜がきてひと騒動が。

  • ファンタジーと民俗学の間のような。
    狐が嫁いでくる異類婚姻譚の類。
    狐のママといい狐のおじいちゃんといい、魅力的な狐の一族がとても可愛らしい。唯一人間のパパもすてき。

  • 富安さんのお話にハマって、読み始めました。
    1冊のページが他のシリーズと比べても多いので、読み応えは十分ですが
    読みやすいので、どんどん読み進められます。
    人間のお父さんと狐のお母さん、その3人の子どもたちが
    協力して災いを乗り越えていきます。
    なんでか、夜叉丸おじさん憎めないのは私だけではないはず…(笑)

  • ずっと読んでみたいと思いながら中々読めなかった作品。
    実は狐のママと人間のパパとユイ、タクミ、モエの3人の子ども達の信田一家。
    ママの親戚のお陰で色々な災難に見舞われる。
    おじいちゃんが連れてきたチビ竜、段々、可愛くなってくる子ども達。空に帰さなきゃならないけど帰ってしまうのは寂しい。
    竜がお風呂に住んでいるなんて想像しただけで楽しい。ハッカドロップスが大好きな竜というのも可愛くていい。
    一癖も二癖もありそうなご近所さんにもハラハラドキドキしてしまう。
    風の耳と時の目を持ったユイとタクミのこれからが気になる。

  • すっごくおもしろかった。このシリーズが100冊あったら、100冊全部、絶対に読む。
    信田家で一番好きなのは、パパ。ママがキツネか人間かということよりも、ママが好きだなって思えるのがいいし(ママが優しいし、かわいいからかな)、落ち着いている。植物のことを研究していているから、多様性を認めやすいのかもしれない。ぼくも植物が好きだからうれしい。
    それから、おじいちゃんもおじさんもおもしろくて、好き。
    チビ竜が空にのぼっていったところがすごくよかった。ずっとお風呂場にいたのに、仲間が来たらパーッと飛び立っていった。(小5)

  • 【小学校高学年の児童にオススメ】

    夏休みの読書感想文にもいいかな?
    登場人物の誰が魅力的。個性豊かなキャラクターたちが繰り広げる、ファンタジー小説。少し長い本に挑戦しようかなと、思っている子どもたち。ぜひチャレンジしてみよう。読み終えたあとの爽快感が味わえるかもしれない。

  • 常に災難がやってくるシノダ家の物語が本当に大好きです。小学生の頃に読んだ時は自分もシノダ家のみんなと共に冒険しているかのようなワクワクを感じていましたが、読み返してみるとママの言葉やみんなの心の強さがより沁みます。

  • 子供の頃読んでその世界へと想像の羽を広げていた事を思い出しました。児童文学と侮ることは出来ない完成度。分かりやすい文章、軽妙に捻られた表現で頭の中にスルスルとシノダ家の冒険譚が入り込んできて楽しいです。
    また、これを読んでいた子供の頃の自分の事を思い出し、読んでいる間じゅう懐かしい気分になりました。ユイの風の耳が自分にあればどうしただろうと授業中に考えたりしていたり。
    また何年後かに読んでみたいです。いつでも子供に戻してくれる、そんな優しい本でした。

  • お母さんがキツネ、という信田家の毎日は波乱万丈。
    それでも「災難と不幸は同じじゃないのよ。災難をのりこえられないことは不幸だけど、災難を乗り越えて行くことは、人生の楽しみの一つなんだから」という強いお母さん、お母さんやその家族が全員キツネでも動じないお父さんのもとで文字通り災難を解決していく様子にハラハラ。出てこなかったイツキおばあちゃんが今後出てくるのか楽しみ。

全69件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年生まれ。1991年『クヌギ林のザワザワ荘』(あかね書房)で第24回日本児童文学者協会賞新人賞、第40回小学館文学賞を受賞、1997年「小さなスズナ姫」シリーズ(偕成社)で第15回新美南吉児童文学賞を受賞、2001年『空へつづく神話』(偕成社)で第48回産経児童出版文化賞を受賞、『盆まねき』(偕成社)により2011年第49回野間児童文芸賞、2012年第59回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞、2021年『さくらの谷』(絵・松成真理子 偕成社)で第52回講談社絵本賞を受賞。絵本に「やまんばのむすめ まゆのおはなし」シリーズ(絵・降矢なな 福音館書店)、「オニのサラリーマン」シリーズ(絵・大島妙子 福音館書店)などがある。

「2023年 『そらうみ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富安陽子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
富安 陽子
荻原 規子
畠中 恵
富安 陽子
上橋 菜穂子
村上 春樹
畠中 恵
宮部 みゆき
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×