広島の木に会いにいく

著者 :
  • 偕成社
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036450800

作品紹介・あらすじ

原爆を生きぬいた被爆樹木。木の声をきくために、樹木医と広島の街を歩き、被爆体験をきいて、木の専門家に会いにいく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 被曝樹木という木があることをはじめて知った。樹木医の先生の佇まいやコメントも良かった。
    研究者のページも興味深く読みました。
    被曝樹木マップは、もっと詳細にページを割いて欲しいと思った。広島に行った時にはどこかの木に寄りたいと思う。

  • 2011年に公開されたドキュメンタリー映画「はだしのゲンが見たヒロシマ」を制作した石田さんは、その映画がきっかけで広島の爆心地に残る「被爆樹木」について知ります。それから3年の歳月をかけて東京から広島に通い、「被爆樹木」について調べ、それらの木にかかわる人々から被爆について証言を聞いたり、戦後すぐに被爆樹木をスケッチしていた大学生などから聞き取り調査をします。スケッチや地図など手描きの資料も多く、ヒロシマについて、「木」という視点から考えるための興味深いノンフィクション作品となっています。

全3件中 1 - 3件を表示

石田優子の作品

広島の木に会いにいくはこんな本です

ツイートする