荒野のマーくん―その受難

著者 :
制作 : やまだ ないと 
  • 偕成社
3.33
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036460304

作品紹介・あらすじ

お気楽にくらしていた小学6年生マーくん。例年のハッピーなクリスマスをむかえようとしていた矢先、悪魔のような天使があらわれ、マーくんのおキラクな人生が音をたてて崩壊する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 花形 みつる:作/やまだ ないと:絵 偕成社 初版2006

    MAH-KUN IN THE WILDERNESS

    お気楽な、今時どこにでもいる普通の家庭の普通の小学生=マーくん。
    ある夜の訪問者、天使な容姿の悪魔のせいで、突然 『荒野』 に立たされる事に…。

    なんにもできないパパと、マーくんを見ていて
    本当に・・・
    笑っちゃうけど、切なかったー。
    なんにもできないパパにビンタしたくなりました。
    生意気なマーくんにも、子供置いてくママにも。
    同時に、 可哀想に・・ と思ったのも事実。

    パパの気持ちも、ママもマーくんも…3人のそれぞれの気持ちが良く解るからこそ
    どうにも身につまされる思い…。
    続くようなので、是非読みたい。 天使な容姿の悪魔 の正体も楽しみ。



    作者の書く、今の子供の言葉の使い方とか、アニメの種類だとか、今時の生活様式 ∞
    モデルの家があるんじゃないかなー くらい リアルだっと思いました。
    作者のことをしりたくなりました。

    もー、切なかった。笑っちゃったー。です

  • 小学6年の時に読んだ。面白かったと記憶しています。

  • 読みやすい。子どもの目から見た大人ってこんなんなのか?

  • 花形みつるさんは
    「フラジール」って短編集で読んで面白かったひとなんですが

    これも読みやすいし
    最初はおもしろいかもーと思って読んでたんですが

    父親がほんっっとに有り得ないくらいのダメ人間で
    暴力親父とか博打狂いとかじゃ全然ないのに
    ナヨナヨしすぎで小6の息子に頼りっぱなしで
    すごいイライラしました‥

    こんな父親を見捨てなかったマーくんはえらい

    続きはパパの隠し子?美少女がいっぱい出るっぽいので読みたいけど
    マジにこの父親はありえないと思いました。

    眠れなくて読んでたらこんな時間に‥!
    砂糖のついた大豆おいしい^^

  • 続編『その試練』あり

  • ☆平和そのものだったマーくんの家庭に突如現れた謎の少女。その後天国から地獄に突き落とされるマーくんの運命は…?
     小学校高学年〜

  • 「あたし、あなたの娘です。」と平和な3人家族の家に突然
    爆弾発言をした1人の娘の出現により、お母さんは実家に
    戻ってしまいます。
    顔がよくオタクなお父さんは仕事を辞めてしまうし、
    オマケに家事は全く出来ないしで小学校6年生のマーくんに
    受難な日々が訪れます。

全7件中 1 - 7件を表示

花形みつるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

荒野のマーくん―その受難はこんな本です

ツイートする