金の月のマヤ(3) 対決! 暗闇の谷

著者 :
制作 : 福島 敦子 
  • 偕成社
3.58
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036470303

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マヤは〈闇の封印〉を解き〈闇の怪物〉を解きはなとうとする仮面の男を追って、〈暗闇の谷〉へと足を踏み入れる。
    彼女はたして〈黒のエルマニオ〉となって、この世界を救えるのか!? マヤのさいごの冒険を描く、迫力の最終巻。

  • チビ1号、小学校図書館にて

  • あれっという間に終わりました。
    もう少し長い話でもよかったと思います。

  • 大好きなポポロクロイスのお二方!
    お話も次から次へとわくわくするし
    用語もすっと入ってきて
    掴まれるところ掴まれて
    どんどん読みたくなるお話の力、すごい。
    挿絵は物語を膨らませて素晴らしいし!

    大好きです。すばらしかったー!

  • ううううん。面白くなかった。
    何もかも予想通りでハラハラしないし、主人公のキャラクターが希薄というか、別に嫌いではないんだけど、好きでもなく、どうでもいいというか。読む原動力を持てなかった。
    ただ、絵はかわいいし、紙面のレイアウトも凝っててアイテムとしては好きな本です。

  • 倒れた博士を看病していたら、友人(?)の父親がやってきた。
    そして分かれていた緑の騎士も。

    すべてが複線だったのか、と思わずにいられないほど
    きれいに全員が使われています。
    誰しもが何かしらの役に立つんだよ、と言われているような
    そんな活躍ぶり。
    今までの状態が嘘のように、ものすごい急展開で進んでいきます。

    犯人(?)にはびっくりでしたけど…しかも二段構え。
    ものすごいどきどきとわくわくがありました。
    きれいさっぱり終了しましたが、彼らはこの先
    まったく出会わずに生きていくのでしょうか?
    まぁ何事もない、という証明にはなるので
    その方がいいかもしれませんが…。

  • 取り敢えず完結!!
    でも、何だか続きそうな予感にドキドキが止まらないです!

  • ラスト近く、うるっ。と来ました。
    あぁ、終わっちゃうんだ…。と寂しくなりました。

    (あれだけ、たくさんなものが盛り込まれていて、登場人物も魅力的なので、全3巻で終わっちゃうの、もったいないー。なんて思っちゃいます。)

全8件中 1 - 8件を表示

金の月のマヤ(3) 対決! 暗闇の谷のその他の作品

田森庸介の作品

ツイートする