モンゴル (世界のともだち)

著者 :
制作 : 清水 哲朗 
  • 偕成社
3.80
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036480500

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今から23年前にモンゴルに行きました。
    ソーラーパネル、自転車で家畜を追う、都市生活が当時とはだいぶ違いますが、あとは変わらない生活なんですね。
    写真が多く楽しめました。

  • 12才男の子バタナーの生活写真集。
    学校のある時は、ウランバートルで都会暮らしをし、休みの時はゲルに戻り遊牧民生活をする。
    なんだか不思議。

    モンゴルでは最初は客人としてもてなすが、2回目以降は家族として受け入れるのが礼儀。
    学校て2月14日に、みんなの前で「クラスの中の好きな人に手紙を書いて思いを伝える」のは嫌だなぁ。もらった子は気持ちを受け取ったしるしにハグをする…
    日本では絶対にない光景。

  • [墨田区図書館]

    図書館の新書コーナーにあったので、そこにあったシリーズ4冊を一緒に借りてきた。

    ちょうど国内の都道府県を言えたり、ことあるごとに「宇宙に行きたい」といい始めている時期なので、もう少し具体的に、世界を知って身近に感じてもらおうかと。

    どの本もその国のある少年少女の生活を具体的に紹介していく写真によるドキュメンタリーチックな作りで、子供の共感や興味が持てる構成だと思う。

    何かのテレビでも見たけれど、モンゴルのこの壮大な草原でのゲル生活を一昔前のような暮らし、と思ってみていると、一転して彼らは町での生活期間もあり、その際には文明生活最先端をいく感じで、ものすごく違和感を感じてびっくりする。

  • 図書館で見かけて。モンゴル面白そう。

全4件中 1 - 4件を表示

清水哲朗の作品

ツイートする