科学でナゾとき!わらう人体模型事件 (偕成社ノベルフリーク)

著者 :
  • 偕成社
4.40
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036491407

作品紹介・あらすじ

科学×ミステリー!

学校でおこる事件のナゾを
科学の力でときあかせ!
きっと科学が好きになる短編集。

パーフェクトな小学校の児童会長・彰吾にはひみつがある。
それは、変人の理科教師、キリン先生が、じつは父親であることだ。
彰吾は、学校でおこるさまざまなナゾを、
キリン先生の科学的アドバイスで、ときあかすことができるのか!?

暗い理科準備室にひびく、わらい声の正体は?  <わらう人体模型事件>
転校生がえがいた緑色の夕日のなぞ  <太陽は何色? 事件>
ぬれぎぬをきせられた彰吾の運命は!?  <消えたリップクリーム事件>
とつぜん赤いなみだを流す人形のひみつ  <人魚姫のなみだ事件>
の4話を収録。

デビュー作にして、ヒット作「まっしょうめん!」シリーズにつづく、
あさだりんの新作です。

監修 髙柳雄一(多摩六都科学館 館長)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • クールでモテモテでパーフェクトな児童会長(と、本人は信じている)彰吾の完璧な学校生活に影が。
    変わり者のお父さんが講師として、学校に来るというのだ。
    嫌いじゃないけど親子と思われたくない彰吾は、思春期ということにして、学校では声掛け厳禁を約束させた。

    そんな彰吾と児童会室の仲間が(理科の先生のお父さんの知識をこっそり借りて)学校の事件を解決する。

    ちょいと彰吾、キザすぎなんじゃないの?と思ってたら、まわりの友だちも生暖かく見守っていた。根はイイヤツだからね。
    和也、頼りにならないけど、愉快な親友だぜ。
    お話も、二話目、三話目とどんどん面白くなっていった。
    ゆってはいかんけど、児童書であのトリックは初めて見た気がする。

  • 2021.01.15

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

あさだりん
1970年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。現在は長野県松本市在住。日本児童文学者協会会員・信州児童文学会会員。作品に「まっしょうめん!」「科学でナゾとき!」シリーズがある。

「2021年 『科学でナゾとき! やまんばの屋敷事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あさだりんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安田 夏菜
伊坂 幸太郎
芦田愛菜
スーザン・ヴァー...
ヨシタケシンスケ
R・J・パラシオ
令丈 ヒロ子
ヨシタケシンス...
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×