科学でナゾとき! やまんばの屋敷事件 (偕成社ノベルフリーク)

著者 :
  • 偕成社
4.38
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036491605

作品紹介・あらすじ

クラスメイトにせまる
ニセ科学のウソを見やぶれるか?

パーフェクトな児童会長・彰吾のひみつは、
うわさの変人理科教師、キリン先生が、じつは父親であることだ。
彰吾は、ひみつを守りつつ、キリン先生や仲間と協力して
小学校でおこる事件を解決できるのか!

科学×ミステリー! な連作短編集第2弾。


のぼり坂なのに、ボールが引きよせられていく、あやしい屋敷にはなにがある?  <やまんばの屋敷事件>
1年生がくれたおかしな手紙の真のメッセージは? <ないしょの手紙事件>
飲めば「やせる」「運動が得意になる」と学校で流行する白い粉の正体は? <なぞの白い粉事件>
の3話を収録。

デビュー作にして、ヒット作「まっしょうめん!」シリーズにつづく、
あさだりんのシリーズです。
今回は、ニセ科学もテーマとなっています。


監修 髙柳雄一(多摩六都科学館 館長)

著者プロフィール

あさだりん
1970年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。現在は長野県松本市在住。日本児童文学者協会会員・信州児童文学会会員。作品に「まっしょうめん!」シリーズがある。

「2022年 『まっしょうめん! 木刀の重み』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あさだりんの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×