ビルマの竪琴 (偕成社文庫)

著者 : 竹山道雄
制作 : 武部 本一郎 
  • 偕成社 (1976年2月1日発売)
4.00
  • (13)
  • (8)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :76
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036502103

ビルマの竪琴 (偕成社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子どもとして読んでも、大人になって読んでも、永遠の名作。戦争の惨さが心にしみる話。

    それにしても、ミャンマーに行ったとき、「ビルマの竪琴」のビルマと結びつけるのに、結構時間がかかったなぁ…。

  • とてもすばらしい名作でした。
    ビルマ戦線の日本軍の話。音楽学校出身の隊長が隊員に合唱を教え、特に楽才に秀でていた一高出身の水島上等兵がビルマの竪琴を戦場でも演奏していた。軍歌を厭い、一高寮歌や敵国であるイギリス民謡が元の埴生の宿を合唱する日々。
    この戦争は間違っている、命を落として国に貢献するのではなく、生きて日本の未来のために貢献しようといい、(実際、彼らは生きて国に帰れば官僚や学者となって日本の未来のために貢献できる人たちなのだ。)臆病者といわれないために、自分が先頭になって竪琴をかき鳴らして突っ込む、その後君たちは白旗を揚げればいいと言って突っ込み攻撃の的とされるが蛮族に助けられる。
    蛮族に「勇敢だから娘を与える。何人の首を取った?」と聞かれ、一人も殺していないと答えてあわや殺されそうになる水島は確かに戦場で竪琴を鳴らしていて人を殺していないのだ。
    隊員たちは水島が生きてビルマの僧侶になったことを知って、インコに「おーい、水島、一緒に日本へ帰ろう」と日本語を覚えこませ、森の中で合唱する。水島は涅槃仏像の胎内で竪琴を弾くが姿は現さない。
    水島を呼ぶために隊員は毎日合唱し、日本に戻る前日に水島は姿を現す。収容所の柵ごしに隊員達は『埴生の宿』を合唱する。水島は竪琴を合唱に合わせて弾き、『仰げば尊し』を弾く。「今こそ別れ目。いざ、さらば。」
    水島は森の中へ去って行った。
    隊員たちに水島からの手紙とインコが届く。
    英霊を弔うために此処に残る決意が書かれ、インコは「ああ、やっぱり自分は帰るわけにはいかない。」と言う。
    音楽や学問を愛する人たちが全滅するとわかっている戦場に駆り出されて、その中で音楽や友情や日本への貢献の思いや理性に生きている、とても共感できるすばらしい作品でした。
    長く世界中で読まれることを願います。

  • 第二次世界大戦前後のビルマに配属された日本軍班の話。水島の人柄が気になり、彼の行方に関するものが見つかったときは班員と同じ目線で一喜一憂していた。ラストにかけて物語が一気に進んでいくが、どこかゆったりとしたビルマのような雰囲気が感じられた一冊であった。最後の水島からの手紙の内容には考えさせられるものがあった。

  • 白黒映画をちらっと見たことある程度だったので
    読んでよかった
    いい話だなー!

    降伏説得に残った青島上等兵が帰ってこない
    たまにききにくるお坊さんがそっくり
    だけどちがうよな~あおしまー!

    でもいろいろあってやっぱり青島さんで
    あおげばとうとしを竪琴でひいて
    他の人は日本にひきあげる
    そこで手紙をよむ
    (この手紙は人食い人種に食べられそうになったりちょっとおもしろい)
    青島さんは日本兵のおとむらいをするために帰れないそうで・・

    本当にあったらいい話
    映画ちょっとみたくなった

  • 名作シリーズ第2弾。

    映画で見た気がするけども小説で読んだのは多分初めて。

    やっぱり名作と呼ばれるものは良いね。

  • 小3くらいの時に初めて読み、戦争関連の作品を読み漁るきっかけとなった作品。何度読もうが映画も見ようが、涙なしでは無理です。水島のような人は世界が必要としている人であると思っています。

  • 小学生のころ映画を観たが、それから25年くらいして初めて
    小説を読んだ。厳しい世界の中に優しさ、ユーモアを感じさせる、やはり名作。

  • ~09/09/01
    水島だけが背負い込むものであってはならないのだと感じます。大人になってからでも読み直すべき一冊。

  • わが国は戦争をして、敗けて、くるしんでいます。それはむだな欲をだしたからです。思いあがったあまり、人間としてのもっとも大切なものを忘れたからです。われらが奉じた文明というものが、一面にははなはだ浅薄なものだったからです。(中略)われわれも気力はありながら、もっと欲がすくなくなるようにつとめなくてはならないのではないでしょうか。それでなくては、ただ日本人ばかりでなく、人間全体が、この先もとうてい救われないのではないでしょうか?

  • 両親の好きな作品
    初めて見たときまったく意味が分からず(しかも白黒画像だったorz)
    最近になってみなおし感動している作品。

全15件中 1 - 10件を表示

ビルマの竪琴 (偕成社文庫)のその他の作品

竹山道雄の作品

ビルマの竪琴 (偕成社文庫)に関連する談話室の質問

ツイートする