アルプスの少女 ハイジ(第二部) (偕成社文庫3031)

制作 : Johanna Spyri  国松 孝二  鈴木 武樹 
  • 偕成社
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036503100

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学生の頃に大好きだった作品。
    第一部より、特にこちらの方が好きで繰り返し読んだ。
    アニメももちろん大好きで、再放送の度に見ていたが、アニメとはまた違った面白さがある。
    本書で、ドイツ語のアルファベットの読み方を覚えた。

  • 「私は目で話します」の著者が言っていたように道徳、教義要素の強い作品で、「神様を信じていればきっとよくして下さる」がキーワードなように見え、ハイジが「神様は見ておられるのよ!」「神様は」「神様が」というのはアニメを知っている私には違和感として残りました。その当時の宗教観を見る事ができたように思います。ハイジ前よりいっそう生き生きと過ごし、おんじにも良い影響を与えます。お医者様の知らなかったエピソードも読め、自然と山羊のお乳が目の前にあるようで第二部もやっぱりお腹が空いてしまいました。面白い本ですお勧め。

  • 「アルプスの少女ハイジ」といえば世界的に有名な日本のアニメをイメージするが、原作はそれとはかなり違っ ている。第1部は自然児ハイジが、偏屈者として嫌われていたおじいさんに宗教心を取り戻させ、村の人々と仲直りさせるというストーリー。 感動的な原作も読んでほしい。

  • ドイツ、フランクフルトなどを舞台とした作品です。

  • 私が記憶している一番初めの徹夜本。6才のときだった。上下段に分かれているこまかーい小説で、読んでいるうちに止まらなくなって朝になり完読。一睡もせず小学校に行って、ほぼ居眠りしてたのを覚えている。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ヨハンナ・スピリ●
1827年、スイスのチューリッヒに近いヒルツェルに生まれる。40歳を過ぎて書き始めた児童文学は、作品集『子どもたちと子どもたちを愛する人々のための物語集』となって、スピリの名を国際的なものにした。なかでも「アルプスの少女 ハイジ」の名で知られる「ハイジ」は、児童文学の古典として名高い。

ヨハンナ・スピリの作品

アルプスの少女 ハイジ(第二部) (偕成社文庫3031)を本棚に登録しているひと

ツイートする