大造じいさんとガン (偕成社文庫3062)

著者 : 椋鳩十
制作 : 武部 本一郎 
  • 偕成社 (1978年3月1日発売)
4.18
  • (8)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036506200

大造じいさんとガン (偕成社文庫3062)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大空に生きる!が無かったらダメだろう!日本のシートンといったらこの椋鳩十氏に決まってる。ああもーまだ彼はいいけど、猫は荒野に生き抜いてとか(作者知らない)僕は王様とかやっぱ絶版多すぎ!どうやって紹介しろってんだばか者!

  • ・いろんな動きに対して、表現がおもしろい。例(はてな)など。最後の大造じいさんのやさしさが伝わってくる。最初と最後の登場人物のイメージが変わった。
    ・大造じいさんは、かりゅうどなのに、最後にはガンをたすけてあげてにがしてあげたなんて、なんとやさしい人なんだということです。
    ・動作とかがこまかく書いてあって、頭の中でイメージしやすい作品だから、おすすめです。
    ・大造じいさんとガンの頭領残雪のたたかいが描かれています。最後には、とても感動的な話になるので、ぜひ読んでみてください。
    ・残雪がおとりのガンを助けるために自分のことより、ガンを助けてえらいやつ、英雄だと思いました。

  • 椋鳩十の動物の話は好きだ。
    駆除の話はあるけど、動物に悪意はないから好きだ

  • 男の子は残雪のかっこよさにに憧れますね。

  • H23年11月 5-2
    H24年1月 6-1 (くまばちそうどう)

  • 人と野生動物のふれあいに当時とても感動して全巻読破した

全6件中 1 - 6件を表示

大造じいさんとガン (偕成社文庫3062)のその他の作品

椋鳩十の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
フランツ・カフカ
シェル・シルヴァ...
有効な右矢印 無効な右矢印

大造じいさんとガン (偕成社文庫3062)に関連する談話室の質問

大造じいさんとガン (偕成社文庫3062)はこんな本です

ツイートする