ポー怪奇・探偵小説集(1) (偕成社文庫3122)

制作 : 建石 修志  Edgar Allan Poe  谷崎 精二 
  • 偕成社 (1985年3月発売)
3.50
  • (3)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :39
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036512201

ポー怪奇・探偵小説集(1) (偕成社文庫3122)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初ポー作品。
    人の心がみせる怪奇や不思議をえがいた短編。
    淡々とした語り口で多用される形容詞が文学的で雰囲気がある、一方で日本語の表現では核心への言及が見いだせなくていまいちストンと落ちないことが多かったような。解説を読んだかんじ、こういう掴みきれなさもこの巨匠の魅力なのかな。原文で読めればまた印象が違うかも。

  • 狂人

  • ウィリアム・ウィルスンが必読

  • 黒猫がいちばん読みやすかったです。うずしおは、読めなかったけど、アッシャー家の崩壊、細長い箱、早すぎた埋葬、ウィリアム・ウィルスンは完読しました。ウィリアム・ウィルスンが一番お気に入り。主人公に似たあれは、主人公からおちた、良心なのかなぁと、考えてみたり。怪奇ってあたりでは楽しめました。細長い箱は楽しかった!最後のところ、そうなのね,
    って、納得。早すぎた埋葬は、人間の恐怖がリアルに描かれていましたが、案ずるより生むが易しってことですね。

全5件中 1 - 5件を表示

エドガー=アラン=ポーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ポー怪奇・探偵小説集(1) (偕成社文庫3122)に関連する談話室の質問

ツイートする